DSM Humboldt-SIMPLIFIRE DLX

DSM Humboldtから SIMPLIFIRE DLXアナログ多機能プリアンプ発表

皆さんこんにちはmasa BLIK ito(まさぶりっくいとう)です。(@masabliks

チリのブランドDSM Humboldtから SIMPLIFIRE DLXというアナログ2chプリアンプを発表しました。

ひしめき合ってるつまみが結構圧巻ですね…!

ステレオ2chでキャビシミュもFXループまで装備されています。

まえにリリースされていた SIMPLIFIRE Preampのデラックスバージョンとしての発表です。

SIMPLIFIRE DLX スペック

DSM Humboldt-SIMPLIFIRE-cabsim
DSM Humboldt-SIMPLIFIRE-poweramp-sim
  • ステレオ2ch
  • エフェクトループ搭載
  • パワーアンプシミュレーター
  • キャビシミュを通してのDI出力あり
  • A,Bそれぞれのチャンネルに3つのタイプのプリアンプタイプ×3つのゲインモード搭載
  • 3つのリバーブモード

という具合です。

チャンネルAとBは同じモデルを備えていますがBのほうが甘いサウンドとのこと。

  • MS Brit:Marshall Plexiモデル
  • American:Fender ブラックフェイス デラリバ?モデル
  • AC Brit:Vox AC30 モデル

Americanだけブラックフェイスのデラックスとあるのでおそらくデラリバかな?

各アンプモデルに

  • CLEAN
  • CRUNCH
  • LEAD

というチャンネルがあります。

パワーアンプシミュはEL34、6L6、KT88のパワー管を選択可能でレゾナンスもコントロール可能です。

アナログ回路でステレオのキャビシミュも搭載です。

マイクのポジションもコントロールできます。

SIMPLIFIRE DLX サウンド

こちらのデモプレイは結構ハイゲインですね。

モダンなアンプなのかなと思いきや以下のようなデモムービーもありますね。

結構トラディショナルでクランチが美味しい音も出ます。

キャビシミュの位相をコントロールして疑似ステレオ的に広がりがあるサウンドも作れるようです。

このDSM Humboldtはアナログサウンドにこだわっているようですがリバーブもなのかな??

かなり多機能なのに新しい試みなアンプなのでさらなる情報を待ちたいです。

DSM Humboldtから SIMPLIFIRE DLX 登場 まとめ

現在はBASS用のプリアンプがラインナップされているDSM Humboldtですが

SIMPLIFIRE DLXが登場すると現在のフロアタイプのプリアンプの選択肢にも結構インパクトを与えそうですね。

本格的にコンパクトアンプそのものがアンプヘッドなどと同列に選択肢に入ってきていると感じます。

-アンプ, プリアンプ
-

© 2021 masa BLIK ito.com