Darkglass Electronics Element 新たな感覚のキャビシミュが発売!【新製品】

ひと目見てかっこよさがわかるキャビシミュElementがDarkglass Electronicsから発表されたみたいですね

ツマミもなくスッキリとした見た目で、タッチとBluetoothで操作するようです

IRを5つストックしておくことができるようですね

masa
かっこよいので期待

Darkglass Electronics とは

フィンランドのヘルシンキにあるメーカーです。

ハイクォリティーなペダルやアンプも発表されており

国内でも使用しているアーティストが増えています

Microtubes B7K Ultraはベース用プリアンプとして最近かなりのベーシストの足元に入っているのを見ます

Darkglass製品をサウンドハウスでチェック!

Darkglass Electronics Elementのスペック

IN/OUT

INSTRUMENT IN /SPEAKER OUT

INSTRUMENT OUT  /AMP IN

Aux In

XLR output

USB port

Headphone output 1 / 2

となっています

ギターからINしたものをINSTRUMENT OUTからアンプに入れつつ、XLR OUTからミキサー直でパラって出力することが出来ます。

ヘッドホンアウトもついているので練習にも気軽に使えそう

自分の使い方はペダル型のプリアンプであるVeroCityからミキサーにおくりつつ、パワーアンプに飲して使いたいのでパラって使えるのは◎

Bluetooth

近年の音楽機器にもようやく搭載されてきたBluetoothがDarkglass Electronics Elementでも使えます

これでかがんで本体をちびちびセッティングしなくてすむのでありがたい

5つのIRをメモリーできる

Darkglass Electronics Elementは5つのIRスロットがありそれを変更していけるようです

DIとしての使用

Darkglass Electronics Elementはメーカーの意図としてはベースのDI的な用途での使用も結構な割合で想定されてそうです

まあIRがあるので基本的に分けて考えなくて良さそうですが

Darkglass Electronics Elementの値段

海外のサイトで245ドルくらい

日本に入ってくるときは4万前後でしょうか

もう発表になっていますね

3万円代前半です!

これは結構安いと言えるんじゃないでしょうか。

Element Darkglass Electronics まとめ

自分自身キャビシミュやルーティング系の機器に最近注目してみているので

このスタイリッシュな見た目とともに結構期待のElement Darkglass Electronicsです

あとは日本に入ってきたときの値段のみ!

-effector, シミュレータ
-,

© 2020 masa BLIK ito.com