MORLEYワウタメシビキ2-2

MORLEY20/20シリーズ タメシビキ 多機能ワウのスタンダードモデルが新たに!その2

MORLEY20/20 ワウ タメシビキ ブログ、前回は全10機種の機能を見ていきました。

今回はムービーで実際の音を確認していくタメシビキブログ!

代表機種の音色が一発でわかります。

ポイント

タメシビキ!とは確かな技術と、ギターイノベーション大学( @GIU_Salon)など先進的な活動で今多数のアーティストへのサポートのみならず、youtubeなどでも大人気のギタリスト山口和也さん(@kkkzzzyyy)のyoutubeチャンネルのコンテンツです。

https://www.youtube.com/channel/UCIvdDjz9kU3wBCoAwkK60lQ

MORLEY20/20シリーズ タメシビキ

こちらがプレイスルー

冒頭で山口和也さんのワウプレイが確認できます。

最初がBad Hosieで、次にClassic Switchless Wahでのプレイですね!

後半ではワウダブル掛けも(!)

バネ入り、スイッチレスという特徴がやはり操作性ではかなりアドバンテージのようです。

椅子に座ってもプレイしやすいのは、確かにですね。

特徴に関してはその1で詳しく紹介しているので下にまとめておきます。

JIM DUNLOPのCRY BABY 95Q WAH

との比較もされています。

Classic Switchless Wah vs CRY BABY 95Q WAH サウンドチェック

CLASSIC-SWTICLESS-WAH

クリーンサウンド

サウンド

  • Classic Switchless Wah
  • CRY BABY 95Q

の比較です。

MORLEYの方が低域にワイドにかかっている感があります。

かかりも深い感じ。

ですが思ったよりMORLEYが派手すぎることなくツボをついている感覚です。

ディストーションサウンド

サウンド

歪ませてもかかりのワイドさは同じ印象。

MORLEYのイメージの割にかかり方にクセがない感じなので色んなジャンルで使えそう。

ムービー内でも色んな音楽で使えそうとありますね!

山口和也さんおすすめ3機種チェック

20/20 Bad Horsie Wah

bad-horsie

まずクリーンから。

CONTOURをいれないと比較的マイルドなかかりですね。

CONTOURをONにすると、つまみ位置にもよりますがピーキーなかかり方になりますね。

ディストーションサウンドにすると単音が気持ちよさそうなサウンドから

CONTOURをONでエグめなサウンドになります。

つまみを抑えると優しい音色も出るようで、ムービー内で語られているように

声を操っている感覚に近いのかもです。

単音プレイで表情をつけるような使い方が良さそうですね。

20/20 Wah Lock

WAH-LOCK

Bad Hosieに比べるとノーマルなワウに近いかかり方。

LOCKをオンにするとワウ半止めサウンドが作れます。

B'zの松本さんやマイケルシェンカー、最近だとKing Gnuの常田さんもワウ半止めサウンドを多用してますね。

さらにWHOAスイッチをONにするとかかり方が変わって

母音がオとアのようなかかり方になります。

ディストーションサウンドでも見てみましょう。

LOCKスイッチはディストーションサウンドでやはり映えますね。

ノーマルサウンドでも良くかかって気持ち良い◎

WHOAスイッチをONにすると一風変わったワウサウンドになるのでこちらも使えそう。

20/20 Lead Wah

Lead-wah

Leadと銘打っているのでどんな感じか気になりますね。

クリーンだと中高域に美味しいところがある感じ。

ディストーションサウンドは

  • Classic Switchless Wah
  • Lead Wah

の比較になります。

確かに絶妙な違いがあります。

Classic Switchless Wahの方はスタンダードなかかりかたで

Lead Wahとかかり方やレンジは大きくは変わらないのですが

その間のミッドの感じがLead Wahのほうが多彩な表情があります。

確かにこの色づけ方、微妙な踏み込みでニュアンスを出していく感じが「Lead Wah」と名付けるだけありますね。

つま先のコントロールでピッキングニュアンスのようなコントロールができるとあります。

20/20 Volume Plus / MTMV2 ボリュームペダル

VOLUME-PLUS

こちらはBOSSのFV-500Hボリュームペダルとの比較です。

ムービー内でも注意がありますが20/20 Volume Plus / MTMV2はバッファーがなく

電源もLEDやミニマムボリューム設定ように必要なだけとのこと。

こちらに関してはオプティカルサーキットにより音質劣化の少なさが

20/20 Volume Plus / MTMV2にはあるようです。

踏み心地も軽く、本体も小さいのでBOSSの安定感とはまた違う感触になるかと思います。

ここは試したほうが良いかもです。

MORLEY20/20シリーズ タメシビキ まとめ

ムービー内での3機種の特徴として

肉声っぽいサウンドは

20/20 Bad Horsie Wah

ローよりのリフには

20/20 Wah Lock

ハイやリードには

20/20 Lead Wah

というようにそれぞれかなりジャストな味付けがされていることがわかります。

MORLEYの昔のワウは操作性以前に大きさで敬遠していた人もいると思いますが

サイズもリファインされているので手が出しやすくなってますね~!

アウトロでのデモプレイはまたダブル掛けです!

えぐーくはなるのですが2つかけても音が破綻しないのは驚き!

MORLEYワウタメシビキ1
MORLEY20/20シリーズ タメシビキ 多機能ワウのスタンダードモデルが新たに!その1

今回の #タメシビキ ブログはMORLEY20/20 ワウです
Bad Hosieワウの機能やサイズをアップデートしたモデルたちですが
ラインナップが結構豊富なのでまずは各モデルの特徴を簡単に理解できるようまとめました!

続きを見る

-effector, ワウ
-