effector ハムバッカー ピックアップ

【PU】Suhr SSV万能型ネオビンテージ系ピックアップ

02/12/2020

皆さんこんにちはmasa BLIK ito(まさぶりっくいとう)です。

ハムバッカーのピックアップ選ぶときにビンテージ系の文言に疲れてしまっていませんか?

思ったより音色がピーキーだったり、枯れすぎていて出力が低く扱いにくい/弾きにくかったりとビンテージ系のピックアップを忠実に再現すると結構使いづらいピックアップが出来あがったりするようです。

そんな中今回紹介するSuhrのSSVピックアップは、厳密にはビンテージ形と言いきれるようなピックアップではないものの、そのエッセンスと現代的な要素を見事に両立させたピックアップだと言えます。

ぼくが使っているSuhr classic antique proはSSHの配列になっているのですが、

フロントとミドルのシングルコイルとの相性も結構よく、そのバランス感覚は

「さすがのSuhr」

といった感じです。

それでは見ていってみましょう!

Suhrとはどんなメーカー?

SuhrはFenderのシニアマスタービルダーまで上り詰めたジョンサー氏が立ち上げたブランドです。

ペンサ・サー時代

学生を修了したジョンサーは楽器のリペアなどから腕を認められ、ペンサというブランドに自身の名前を加えられ、ペンサ・サーというブランド名に変更してもらうほどの精巧な技術だったようです。

CAA~Fender Custom Shop時代

その後、Custom Audio Amplifier に入り、アンプの知識も身に着けた上で、Fenderにヘッドハントされ、Fender カスタムショップのシニアマスタービルダーとして働くようになります。

Suhr設立

そして1997年にフェンダー社の同僚であるスティーブ・スミス氏とともにSuhrギターを設立することになります。

ギターだけでなくアンプの知識にも造詣が深いことから、

ギター本体、エフェクター、アンプ、ピックアップなどラインナップも多岐に渡っています。

自分が使っているギターはクラシックタイプのストラトモデルですが、バーサタイルなコンポーネントギターをイメージするギタリストも多いようです。

基本的にどの製品も非常に精巧に作られており、バランス感覚に優れている上、現場でどのように使われているかを正確に把握しているブランドだと思います。

スタジオ系のミュージシャンに多く使用されているのもそういうところが大きいのでしょう。

近年ではマテウスアサトが使用していることでも有名ですね。

Suhr SSVピックアップのスペック

Suhr SSVピックアップの直流抵抗値はBridge側のモデルで約9kΩとなっています。

また公式の紹介のSSVは

ハムバッカーにありがちな“余計”なコンプレッションを極力押さえ込むことで、よりワイドレンジなハムバッキングトーンに仕立て上げられたモデルです。 SSVは唸る様な“honk”サウンドが好きなプレイヤー向きです。30年にも及ぶJohn Suhrの経験とワークマンシップが、ピックアップ一つ一つの品質を保証します。

とあります。

直流抵抗値はハムバッカーにしては結構低めで、まさにビンテージ系の出力ですね。

シングルコイルと併用しても出力差をそこまで感じないので使いやすいです。

確かにコンプレッション感もそこまでなく、ピッキングの強弱を結構出してくれますが、弾きにくいほどでもなく良いバランスを保っています。

ミドルがいい具合に出るためSSHのギターでソロのときにリアのSSVに切り替えてソロを弾くと気持ちよくリードを取れます。

ぼくが演っているくらいの音楽ならリアの刻みくらいなら対応できますね。

よくできているのであまり他のハムを探す必要がない感じです。

Suhr SSVをサウンドハウスですぐに見る

Suhr SSVピックアップのサウンド、シングルコイルとの相性

Suhr SSVは先述しているように、絶妙なコンプレッション感、レンジ、出力からSSHのギターのリアに載せるのにはかなりおすすめですね。

ぼくのSuhr classic antique proには最初フロントとセンターのピックアップにはV60LPというこれもまたトーンが近々しないように絶妙にチューニングされたピックアップが載っていました。

このV60LPとの相性もよく、ピックアップ切り替えでの出力差がそこまで気にならない素晴らしい組み合わせでした。

いまはもっとシングルコイルの運用を増やしたかったので、Klein Pickups Jazzy Catピックアップをフロントとミドルに載せています。

【PU】Klein Pickups Jazzy Cat John Mayerフリークだったらおさえておきたい

Black OneストラトにJohn Mayerが載せていたのがKlein Pickups Jazzy Catピックアップです
このKlein Pickups Jazzy Catピックアップはクリーンは味があり、歪ませても個性がありながらもきっちりと歪みます。
 

続きを見る

多少出力差は増えましたが、ボリュームポットを250kΩにしたら相性が良くなりました。

blank
【ストラトカスタマイズ】SSHギターのPOT 250KΩ?500KΩ?どちらがいい?

ギターのPOTの話です
この記事もなにげに根強い人気…!

現在はSSHのギターを使っているのですがPOTの値を500KΩにするか250KΩにするか結構迷いました

500KΩにするとレンジは広くなったような気もするのですが
結局250KΩのボリュームをつけることにしました

続きを見る

Suhr SSVピックアップまとめ

いかがでしたでしょうか。

Suhr SSVピックアップはスタジオ系のミュージシャンの使用が多いことから、本当に様々な場面で活かせるピックアップだと思います。

品行方正なだけでなく、泣かせることもできるし、ピッキングによく反応してくれるため弾いていて楽しいピックアップです。

ビンテージ系のハムバッカーで悩んだら一度試してみてくださいね~!

blankblank

よろしければシェアしていただけると大変嬉しいです
さらに面白い記事を書く原動力になります!

おすすめ記事

VOX VALVENERGY(バルブエナジー) 1

VALVENERGY(バルブエナジー)!
NUTUBE搭載のプリアンプにも使えるペダル タメシビキ!です
これは音色がわかりやすく気になる人には直撃じゃないでしょうか!

blank 2

LINE6 期待の新製品POD Goの詳細を徹底解剖していこうと思います!
機能やサウンドのデモを集め、どのようなシーンで使えるか掘り下げます。

blank 3

皆さんこんにちはmasa BLIK itoです。(@masabliks) 前回のSYNERGY Ampsに続いて今回も 確かな技術と、ギターイノベーション大学( @GIU_Salon)など先進的な活動で今多数のアーティストへのサポートのみな ...

blank 4

皆さんこんにちはmasa BLIK ito(まさぶりっくいとう)です。(@masabliks) 今回はめでたく復帰を発表し、復帰ライブを果たしたJohn Frusciante(ジョン・フルシアンテ)の凄さと、機材、アルバムごとのおすすめ曲な ...

-effector, ハムバッカー, ピックアップ
-, ,

© 2020 masa BLIK ito.com