Crazy Tube Circuits Crossfire

Crazy Tube Circuits Crossfire SRVやジョンメイヤートーンを再現したペダル

皆さんこんにちはmasa BLIK ito(まさぶりっくいとう)です。(@masabliks

  • 「ブラックフェイスフェンダーとTSの音の再現」
  • 「SRVサウンド」

というとちょっと食傷気味な方もいるかも知れません。

Crazy Tube Circuits Crossfireはちょっとそこを推し進めてあり

  • アンプセクションとTSセクションの2ch直列構造
  • エフェクトループ搭載
  • 各種トグルスイッチで突き詰めた音作り

という機能を持っているモデルで、ボードの中核を担いそうなペダルです。

Crazy Tube Circuits Crossfire スペックと特徴

  • 左側がFender Black Faceアンプ、右側がTS系のセクション
  • パッシブエフェクトループ
  • H:ヘッドルームセレクトスイッチ
  • B:ブライトスイッチ
  • C:クリップセレクター(非対称/対称)
  • G:More Gainスイッチ
  • 9V/18V動作電圧切り替えスイッチ(内部)

と、かなり豊富なコントロールを配しています。

Crossfire サウンド

基本的なアンプセクションの音がしっかりと良さそうですね。

  • 大胆な低域
  • 少しスクープされたミドル
  • キラキラしたハイ

とあり、Fenderアンプの特徴を表しています。

対して右側のセクションはTS系の「しっかりと顕著なミドル」が出てくるサウンドです。

癖がなくて使いやすそうなサウンド。

エフェクトループもあったり、トグルスイッチでのサウンドメイクも合わせて、実は守備範囲が結構広いのではと思います。

Crazy Tube Circuits Crossfire まとめ

Crazy Tube Circuits 社自体のペダルは日本でもチラチラ見ますが、Crossfire自体は日本にまだ正式に入ってきていないようです。

とりあえずストラトを使う者としては試してみたくなるペダル。

コントロールが多彩ながら狙いが明確なので、操作感もシンプルなのも◎

masa BLIK itoの音源をチェック!

masablikito-ongen3

-effector, オーバードライブ・ディストーション
-