fender-americanvintage2

Fender American VintageⅡが登場 従来のモデルとの違いは?

皆さんこんにちはmasa BLIK ito(まさぶりっくいとう)です。(@masabliks

Fender American Vintageシリーズが刷新され新たにⅡなって登場しました。

なかなかない煩雑なFenderのシリーズですが、何が違うのかまとめてみました。

Fender American Vintageシリーズ

Fenderのオリジナルのスペックに基づき50、60、70年代のビンテージとされるギター、ベースを再現しているシリーズです。

今回のFender American VintageⅡはそれを最新にアップデートしたシリーズです。

Fender American VintageⅡシリーズ

リリースされたものは以下のものです。

LHはレフトハンドで左利き用のものです。

The 1950s

  • American Vintage II ’51 Telecaster
  • American Vintage II ’51 Telecaster LH
  • American Vintage II ’54 Precision Bass
  • American Vintage II ’57 Stratocaster
  • American Vintage II ’57 Stratocaster LH

The 1960s

  • American Vintage II ’60 Precision Bass
  • American Vintage II ’61 Stratocaster
  • American Vintage II ’61 Stratocaster LH
  • American Vintage II ’63 Telecaster
  • American Vintage II ’66 Jazz Bass
  • American Vintage II ’66 Jazz Bass LH
  • American Vintage II ’66 Jazzmaster

The 1970s

  • American Vintage II ’72 Telecaster Thinline
  • American Vintage II ’73 Statocaster
  • American Vintage II ’75 Telecaster Deluxe
  • American Vintage II ’77 Telecaster Custom

American VintageⅡと以前のシリーズとの違い

以前のシリーズと細かい微調整はもちろん無数にありますが、大きな違いは以下のようになっています。

PU

  • Pure Vintageシングルコイル
  • AUTHENTIC CUNIFE WIDE-RANGE ハムバッカー

2種類のピックアップが新たに載せられています。

Pure Vintageシングルコイルは各年代のトーンを再現するためにボイシングが変えられています。

クロスカバードワイヤー、ファイバーボビン、アルニコマグネットが使用されて黄金期のFenderのピックアップを再現しています。

AUTHENTIC CUNIFE WIDE-RANGE ハムバッカーは

テレキャスターシンラインなどに載せられているハムバッカーです。

Cu、Ni、Fe(銅、ニッケル、鉄)の合金を磁石に用いており、アルニコより磁力が弱くなるためにFenderの高域を阻害しないPUとなっています。

ネックプロファイル

C、V、Uシェイプのネックが年代ごとに用意されています。

象徴的なネックシェイプを採用しているようです。

フィニッシュ

  • 1950s、1960sはボディ/ネック共にニトロセルロースラッカー
  • 1970sはポリウレタン

という塗装が主に採用されています。

最近のFenderのレギュラーラインでは「ニトロセルロースラッカー」塗装は結構珍しいですね。

ラッカーには長年弾き続けてエイジドされていく楽しみがあるので、それもビンテージライクと言えます。

Fender American VintageⅡまとめ

カスタムショップよりかなり値段が抑えられて登場している、Fender American VintageⅡ。

なかなかバランスが取れているモデルたちで、メインの楽器でも永く使っていけるポテンシャルがあるシリーズだと思います。

-ギター本体
-