synth

Googleでエレクトロミュージックの歴史を学んだりシーケンスで遊べるMusic, Makers & Machinesが面白い

皆さんこんにちはmasa BLIK ito(まさぶりっくいとう)です。(@masabliks

Google Arts & Cultureご存知ですか?

Googleで世界中の絵画などを閲覧できるというサービスで、自分は聞いてはいましたが記憶の片隅に追いやっていました。

Music, Makers & Machinesというトピックでエレクトロミュージックの歴史や機器の進化について触れることができて、これがまたおもしろい!

Music, Makers & Machines

https://artsandculture.google.com/project/music-makers-and-machines

こちらで膨大なトピックを見ることが出来ます。

テクノ、ダブステップ、ハウスなどなどジャンルやさまざまなアーティストのアーカイブに触れることが出来ます。

またシンセやRoland808のようなドラムマシンのVRなどにも触れることが出来ます。

これがかなりの情報量で目を通すのもかなりの時間が必要です。

しかし一つ一つがかなりおもしろい!

音を鳴らして遊ぼう

VR SYNTH

 

このツイート内のURLでぼくが適当に打ち込んだVR シンセの曲が聴けます。

自分の作品をかんたんに打ち込んでSNSでシェアできたりします。

普通におもしろくて、なんか凝りだしたりする笑

BLOB OPERA

 

なんかのキャラクターを操作して歌わせることが出来ます。

これも適当にいじっても形になるのでおもしろい。

上下で音程、左右で母音をいじることが出来ます。

時代を彩った機材たち

TR-808

Roland TR-808などの名機をARで確認することが出来ます。

かなりアップにしたりするとこちらもおもしろい!

Music, Makers & Machines まとめ

情報量が膨大で全然全てに目を通せたわけではないのですが、博物館にいるような気持ちで眺めることが出来ます。

余裕で半日くらい過ごせそう。

ぜひ遊んだ結果なんかを教えて下さいね~!

-アート・映画, コラム
-