guitar-fr

ギター足置き台は必要? 長時間弾いても腰が痛くならない!

皆さんこんにちはmasa BLIK ito(まさぶりっくいとう)です。(@masabliks

椅子に座ってギターを弾くときに足置き台って使っていますか?

自分は全く使っていなく、今回始めてギター練習をするのに足置き台を使ってみました。

これがまた、調子いい!

長時間弾いても腰が痛くならない!

そんなこんなで見ていきましょう。

購入した足置き台

正直足を置くだけの台だし、最初はそんなに効果を期待していたわけでもなかったので最安レベルのものを買いました。

デメリット

安価なものなので、足を置く金属部分に力を入れるとベコベコします。

まあ、ほんとに足を置くだけなので問題なし。

外でブーツを履いたりする場合、もうちょっと安定性の高いもののほうが良いかもしれませんが、それでもそんなに拘る必要はないかなー。

足を置くだけなのだし。

足置き台を使ってギターを弾くメリット

  • 左足側にギターを乗せるだけでなく、右側に乗せる場合にも効果あり
  • 足や腰に無駄な力が入りにくい
  • 足を組まなくても良いので腰に負担が少ない

本来足置き台って左足側にギターを乗せて弾くクラシックスタイルのギタリストが使うものという印象がありました。

ex.ashioki
あとはテクニカル系のギタリストなどなど

自分はたまーに左足側に置くくらいで、普段は右側においているのですが、そのスタイルで足置き台を使用しました。

これがちょうどよく、いままでギターがずれないように腰や足に無駄な力が入っていたんだなーと再確認できました。

なによりもずれないようにするために、無意識に足を組んでしまうくせがなくなったのが大きいです。

しかし、椅子の高さによってだったり、短めのストラップを常に使用しているギタリストには必要性が薄いかもしれないので、環境に照らし合わせることが必要ですね。

自分の場合、下半身に意識が行かなくなったのでより両手にフォーカスできるような感覚がありますね。

副産物的に左足側に足置き台を使って、ギターを置いてもあまり違和感なくギターを弾けるようになったのもあります。

その他おすすめ足置き台

前述しましたが外で靴を履いて使用する場合、本体が軽すぎると安定性に欠けると感じるギタリストもいるかも知れません。

その場合このHERCULESの足置き台など、それなりに重量があるものが良いかもです。

作りもしっかりしてそうですしね。

ギター足置き台は必要?まとめ

自分の場合、結果としてもっと早く導入しておけばよかったなーと思っています。

足を組むって、姿勢的にはかなり腰に負担がかかってる状態みたいですし、その負担が少しでも軽減できるならそこにお金を惜しんではダメですね…

-付属品 周辺機器
-