ibanez-azes

Ibanez AZESシリーズ ツボを付いたエントリーモデルが登場!

皆さんこんにちはmasa BLIK ito(まさぶりっくいとう)です。(@masabliks

このところ新モデルがちょこちょこ見られるアイバニーズがいい感じのエントリーモデルシリーズを発表しました。

AZシリーズをもとにしたAZESというストラトタイプのモデルが2本登場です。

これがルックスもよく、ツボを付いたレイアウトで入門機としてインパクトがあるモデル!

Ibanez AZES

AZシリーズはアイバニーズの技術をAからZまですべてつぎ込んだという意気込みのシリーズです。

そのAZにビギナー向けのEssentialsという要素を加えたESでAZESシリーズという形で2機種リリースです。

共通スペック

azes-spec
  • ポプラボディ
  • メイプルネック
  • ジャトバ指板/ミディアムフレット
  • 25インチスケール
  • オールアクセスネックジョイント
  • コンフォートラウンドスティールサドル
  • コイルタップやシングルコイルを直列にレイアウトできるミニスイッチ

という形になっています。

ジャトバ指板はアイバニーズのギターによく使われる材で、見た目もそうですがローズに近い音色のようです。

木自体はローズより硬い個体もあるようです。

PRSと同じ25インチスケールを採用しているのもポイントですね。

ストラトとレスポールの中間のスケールでテンション感もその中間くらいで、ストレッチフレーズもストラトより弾きやすくなっています。

ネックジョイントがコンター加工されてあり、ハイポジションも弾きやすそう◎

ブリッジはアーミングができるものとフィクストのものがあります。

イモネジが飛び出ないよう工夫されてあり、「快適な」プレイが可能。

AZE31

azes31

3シングルピックアップのモデルです。

それ以外にも大きな違いとして、ブリッジがハードテイルのものになっています。

ミニスイッチで直列につないだり、フロントとリアのハーフトーンが出せます。

アームは使えませんが、チューニングの安定度やハードテイルならではの太さがほしければこちらですね。

AZES40

aze40

こちらもリアのハムをタップできたり、シングルコイルを直列につなげたりできますね。

SSHでトレモロユニット付きのモデル。

リアハムでの歪みが欲しかったり、アーミングしたければこっち!

Ibanez AZESシリーズ まとめ

アイバニーズのエントリーモデル2機種を紹介しました。

3シングルのAZES31はハードテイルなので、おもしろいなーと思います。

色々なプレイで使えるならAZES40ですね。

結構細部まで考えられているモデルなので期待です。

Ibanez Ichika Nito モデル
Ibanez Ichika Nito シグネチャーモデルがヘッドレスのQシリーズから発表!

IbanezからヘッドレスのQシリーズが発表されたと同時に、Ichikaさんモデルのリリースもアナウンスされました
ICHI10と名付けられたこのモデル
新しさとトラディショナルさが同居した興味深いモデルです

続きを見る

Ibanez Qシリーズ
Ibanez Qシリーズ ヘッドレスの完全新設計のシリーズ

まえにIbanez Ichikaモデルをまとめましたが、他のQシリーズも深ぼってみました
意外に狙いがわかりやすく、レトロなルックスモデルもあったりしてとっつきやすそう!

続きを見る

-ギター本体
-