Ibanez Ichika Nito モデル

Ibanez Ichika Nito シグネチャーモデルがヘッドレスのQシリーズから発表!

皆さんこんにちはmasa BLIK ito(まさぶりっくいとう)です。(@masabliks

IbanezからヘッドレスのQシリーズが発表されたと同時に、Ichikaさんモデルのリリースもアナウンスされました。

ICHI10と名付けられたこのモデル。

ヘッドレス、可動域の高いブリッジという最新のスペックに対して3シングルPUやピックガードなどに、どこかトラディショナルな雰囲気も感じさせるモデルです。

Ibanez ICHI10

メロディーとコードを指板を目一杯使って奏でるスタイルは先端であり、どこか日本を根底に感じさせる感覚で、世界中を席巻しているギタリストですね。

スペック

  • Natoボディ
  • ローステッドメイプル、ブビンガ3ピースネック 25.5インチ
  • ローステッドバーズアイメイプル指板
  • Jescar EVO goleフレット 24F
  • PU:R1 3S ピックアップ、ミニスイッチの組み合わせで8パターンのサウンドバリエーション
  • 様々なプレイスタイルにフィットするように考慮されたErgonomic body design

といったような内容です。

Ibanez ICHI10のサウンドとスペックを考察してみよう

Natoは広葉樹でマホガニーに近い特性を持っている木材とのことです。

3ピースのネックは強度に対しても安心感があります。

フレットのJescar EVO goleは銅、錫、鉄、チタンから成る合金でニッケルシルバーのフレットに比べて明るいトーンで耐久性もあるフレット。

ピックアップのR1は

「全帯域がバランス良く聴こえるよう設計されており、低域は濁りがなくタイト、高域はキンキンしないサウンド」

とあります。

エフェクト乗りも良いらしく、レンジが広めのシングルコイルなようです。

Ichikaさんのプレイスタイルがかなり幅広いレンジで演奏されるため、ピックアップもそれに合わせて設計されていることがわかります。

ネックは25.5インチでラディアスも305mmRで、そこまでまっ平らなわけではないですね。

ピックアップは通常のストラトのような5種類の組み合わせだけでなく、フロントとリアやシリーズ配線に切り替えることで、8種類の組み合わせで使用することができます。

全体を見るとルックスと同じように機能的なところはありつつも、スペックはトラディショナルなスタイルから離れすぎてもおらず、カラーも相まって使いやすそうなモデルです。

Ibanez Ichika Nito シグネチャーモデル まとめ

ihi-bridge

IbanezのQシリーズのなかからIchikaモデルを見てみました。

Qシリーズは7弦のものでフレットが斜めに打たれたものや、ピックアップ配列にもバリエーションがあるものがあります。

3シングルのモデルはこのIchikaモデルのみのようです。

この大きなブリッジからどのような音がするか楽しみですね。

Ibanez 新IRON LABEL
Ibanezのメタルギター・ベースシリーズ IRON LABELが刷新して新登場!

Ibanezのメタルギターを象徴するIRON LABELというシリーズのギター/ベースが装いが新たになり再登場しました。
ICEMANシェイプっていつ見てもカッコいい!

続きを見る

-I, ギター本体, ミュージシャン
-

© 2021 masa BLIK ito.com