boss-katana-amp

KATANA AMP 手持ちのプリアンプもいかせる万能アンプ

皆さんこんにちはmasa BLIK ito(まさぶりっくいとう)です。(@masabliks

ペダルタイプのプリアンプがかなり市場に出ている昨今。

そのペダルの特性をスポイルせずに出すにはパワードスピーカー

(パワーアンプ付きのスピーカー)が必要かなーと思っていました。

しかし手頃ないいアンプがあるじゃないですか!

BOSS KATANA AMP

ランナップが結構あるので混乱している人も多そうなので(自分がそう)

ここでまとめてみました。

BOSSのKATANA AMPについて

katana-100_mk2back

BOSSが出したKATANA AMP。

トランジスタながらアンプタイプやエフェクトも備えた万能なモデルです。

なんと言っても価格が安い!ところが素晴らしい

フラッグシップのKATANA Artistでも100Wで6万円台前半と素晴らしいコストパフォーマンスです。

パワーアンプとしてKATANA AMPを使うとき

自分のようにVeroCityのプリアンプをメインで使っている場合

パワーアンプINやリターン等の入力端子がないとKATANAアンプのプリアンプと二重になってしまうのでどちらか、もしくは両方搭載したモデルをピックアップしてみました。

KATANA-Artist MkIIKATANA-100/212KATANA-100 MkIIKATANA-50 MkIIKATANA-HEAD MkII
ワット数100W100W100W50W100w※
スピーカー30cm×1 30cm×230cm×130cm×112cm×1
パワーアンプIN
エフェクトループ
POWER CONTROLSTANDBY、0.5W、50W、100WSTANDBY、0.5W、50W、100WSTANDBY、0.5W、50W、100WSTANDBY、0.5W、25W、50WSTANDBY、0.5W、50W、100W
重量19kg19.8kg14.8kg11.6kg8.8kg
サイズ(mm)630×248×515670×248×484530×248×484470×238×398470×228×215

※内部スピーカーあり

50Wのモデルのみエフェクトループがありませんが

全てのモデルにパワーアンプINがあるため問題なくプリアンプを使用することができます。

KATANA HEADはHEADながらスピーカーも内蔵されているようで内部スピーカーは30W出力とのことです。

ワット数を変更して使えるKATANA AMP

KATANAアンプは出力のワット数をシチュエーションによって変更することができあmス。

  • 100Wのモデル(HEAD含む)はSTANDBY、0.5W、50W、100W
  • 50WのモデルはSTANDBY、0.5W、25W、50W

これは結構便利!

昨今バーでの演奏が増えてきている身としてはトランジスタといえども100Wの出力は手に余る部分がありそうなので嬉しい機能です。

KATANA-100のうち、スピーカー1発入りと2発入りどちらかが気になるのですが

重量や大きさも結構違いがあるのでこれは実物見たほうが良さそう。

50WでもパワーアンプINがあるので実使用には全く問題ないですね。

KATANAアンプの値段

boss-katana-im

先程も述べたように最上位のArtistでも6万円台とかなりお得!

パワードスピーカーをざっと調べてもギター用に最適なものってなかなかなくて

KATANA-100では5万円をきる価格!

これはすごいですな…!

ちょっとしたライブには全然これだけでいけちゃう。

KATANA AMP まとめ

手持ちのVeroCityのプリアンプを活かしながらも

できるだけコンパクトでリーズナブルなアンプを探していたのですが

このKATANAアンプはかなり最適解に近そう!

出てからしばらく経っているモデルですが、結構気になるな…!

masa BLIK itoの音源をチェック!

masablikito-ongen3

-アンプ
-,