Two notes ReVolt-a

Two notes ReVolt 3ch真空管入りオールアナログアンププリアンプが登場!

皆さんこんにちはmasa BLIK ito(まさぶりっくいとう)です。(@masabliks

Two notesから真空管入り、オールアナログ3チャンネルプリアンプReVoltがギター用、ベース用両方発表されています。

ギター用のモデルとしては4CMでアンプのチャンネルを拡張するようにも使え、結構リーズナブルなんでかなり期待。

Two notes ReVolt Guitar概要

Two notes ReVolt-b
  • 真空管入り3chのギタープリアンプ
  • CABシミュはTwo notesのDynIR(初期は$100相当の10)を使用可能
  • DIアウト付き
  • 4ケーブルモードでアンプのセンドリターンにかませて使用可能
  • ヘッドフォンアウト、AUXイン搭載

大まかにこんな感じです。

4CM(4ケーブルメソッド)用のスイッチがわざわざあって、これをONにすることでアンプにReVoltの3chを実質プラスすることができると考えて良さそう。

さらにCABシミュはTwo notesお得意のDynIRという名がついたIRで、Two notesで購入したIRがそのまま使用できます。

初期は10のIRが使用可能。

ReVolt 各チャンネルの音色

  • ch1:AMERICAN CLEAN Fender Bassman100
  • ch2:BRITISH CRUNCH Marshall JMP Superlead
  • ch3:MODERN LEAD Soldano SLO100

というイメージ。

ch1はゲインをプッシュすると飽和していく芳醇なクリーン。

ch2はプレキシMarshallの伝統的なサウンド。

ch3は最近復活した改造Marshallの雄、Soldanoのドライブサウンド。

となっています。

アンプの名前が出されたことで具体的なサウンドがイメージしやすいですね。

Two notesなので再現度高そう。

ReVolt コントロール

AMERICAN CLEAN

  • BASS
  • TREBLE
  • GAIN
  • VOLUME

BRITISH CRUNCH&MODERN LEAD

  • BASS
  • MID
  • TREBLE
  • BOOST
  • GAIN×2
  • VOLUME×2

ch2とch3のEQは共通です。

GAINとVOLUMEは独立で、さらにBOOSTつまみがあります。

これは1.1kHzを中心に最大+20dbまでブーストできます。

ReVolt 仕様

  • フォン入出力
  • XLR出力
  • ヘッドフォン出力
  • センド/リターン
  • PSVANE ECC83 真空管

ReVolt 発売日と値段

2022年9月発売予定で$399とのこと!

予想以上に結構リーズナブルですね。

この値段感なら結構売れそう…

Two notes ReVolt Guitarまとめ

3chでIR付きのフロア型プリアンプでかなり便利にまとまっていると思います。

さらに結構リーズナブルなんで引き続き情報がほしいですね~!

Two notesのIR、Wall Of Soundの記事もどうぞ!

TORPEDO-WOS
IRプラグイン TORPEDO WALL OF SOUNDは音作りがしやすい!

Two Notes IRキャビ+パワーアンプシミュ

有料パッケージを購入したので操作感とサウンドをまとめてみました!
外部プリアンプ持っているギタリストにはかなりおすすめ!
きちんとクランチでも使えるのが◎

続きを見る

Torpedo wall of sound
Torpedo Wall of Sound IRキャビネットプラグイン最高峰

Torpedo Wall of Soundの導入を検討しており今回まとめました
まとめたので買うことを決定しました
導入だけなら900円くらいで導入できるのでやってみましょー!

続きを見る

-アンプ, シミュレータ, プリアンプ
-