mooer-primep1

Mooer Prime P1 ムーアから新たな形のマルチエフェクターが登場

皆さんこんにちはmasa BLIK ito(まさぶりっくいとう)です。(@masabliks

完全にスマートフォンとの連携を前提としたミニマルなMooer Prime P1 というマルチエフェクターが登場しました。

モバイルバッテリーのような見た目のこのPrime P1の機能を見ていきます。

タメシビキでもいち早く紹介されていますね!

Mooer Prime P1 スペックと詳細

マルチエフェクターやアンプシミュレータも内蔵したギター、MooerのGTRSから考えれば「そりゃそうなるなー」という納得のPrime P1。

コントロールやインターフェイスはスマホに任せてしまおうという合理性が潔いです。

  • MooerのMNRSテクノロジーに基づいたエンジン
  • ライブストリーミングやクイックレコーディング用のUSB-C端子
  • プリセットやルーパーをコントロールするFシリーズワイヤレスフットスイッチ対応
  • Bluetoothオーディオ再生
  • 126種類のエフェクト、10のメトロノーム、40種類のドラムパターン、最大80秒のルーパー
  • 10種類のベース/ギターモデル
  • USBはモバイルデバイスに直接録音するためのOTGポートとしても機能
  • 内蔵バッテリーで最大4.5時間連続駆動(バッテリー容量19090mAh)
  • ヘッドホンアウトあり
  • サイズ(mm):99.3×55××21
  • 重量:100g

充電池で駆動することができ、さらにフットスイッチもBluetoothで接続できるため楽器とのケーブルだけで使用することが出来ます。

フットスイッチはGTRSと同じFシリーズが使用可能。

ほぼモバイルバッテリーくらいの大きさで、別売りながらフットスイッチもかなり小さい。

ヘッドホンなどをつないで練習用ヘッドホンアンプとしても使用可能です。

Mooer Prime P1 タメシビキ!

サウンドがこちらで一発でわかりますね。

ボワついたりしない良い音です。

楽屋なんかの練習に良さそう!

クリーンやクランチがきっちりしているので安心感があります。

Mooer Prime P1 サウンドと使用感

Mooerのデモムービーはなぜかエモっぽい曲が多い印象がありますね。

Fシリーズのフットスイッチは4つのスイッチがあるため、4つの音色を切り替えることが出来ます。

バッテリー内臓なのでフットスイッチも合わせて充電さえしておけば、電源さえ気にしないで良いのはかなり身軽…!

Mooer Prime P1 まとめ

他社がタッチパネルなどの方向に進化して、スマホとの連携をオプション的に拡張していく中、コントロールをすべてスマホに任せてしまうのはなかなか良い発想ですね。

mooer-primep1
Mooer Prime P1 タメシビキ!話題のコンパクトマルチのサウンド

Mooer Prime P1 タメシビキでサウンド傾向がだいぶ把握できます
さらにエフェクトやアンプのリストもざっと見ることができますね!
機能の詳細をまとめたブログなどもまとめてみました!

続きを見る

MOOERから ギター本体発売! (1)
【GTRS】MOOERからギター本体が登場!本体にエフェクトもモデリングも内蔵!

良コスパのコンパクトやマルチエフェクターで知られたMOOERから
GTRSという名でギター本体が発表されましたね!
エフェクトもモデリングも内蔵されている上
フットスイッチもBluetoothで期待!

続きを見る

MOOER GTRS タメシビキ
GTRS ギター MOOERからオールインワンギタータメシビキ!現在わかる全情報!

前の記事が急にヒットしてびっくりしてる
MOOER GTRSオールインワンギターシステム #タメシビキ ブログ
山口和也さんの説明でサウンドも本体の弾いた感じのグレードも一発でわかります。

続きを見る

-effector, マルチエフェクター
-