PROVIDENCE VELVET COMP レビュー ナチュラルなコンプ

皆さんこんにちはmasa BLIK ito(まさぶりっくいとう)です。(@masabliks

前回ダイナコンプに関する記事を書きましたが今回もコンプレッサーで

もはや定番と言っていいコンプ

PROVIDENCEの VELVET COMPについて書いてみたいと思います。

ダイナコンプが派手にかかる一癖しかないコンプだとすれば

PROVIDENCE VELVET COMPはナチュラルにエフェクトがかかる

ギターの音を活かす系統のコンプです。

そんなPROVIDENCE VELVET COMPを見ていきましょう!

PROVIDENCE VELVET COMPのコントロール

  • LEVEL
  • ATTACK
  • SUSTAIN

の3つのコントロールで音を作っていきます。

ツマミを結構深めにするとコンプ自体は深めになっていくのですが

音色的には破綻しない不思議なコンプです。

レシオはコントロールできないのですが不足は感じません。

ATTACKつまみでアタックの残し方を決められるので深めにかけてコンプらしいアタック感を調整できます。

VELVET COMPのサウンド

先程も書きましたが、基本的には透明感のある爽やかなコンプです。

かけたときにコンプにありがちなレンジが狭まったりすることがないので

そこまでエフェクティブな感じがしません。

ダイナコンプなんかだと独特なレンジ感が欲しくてかけたりすることがあったりするのですが

VELVET COMPは音色変化が結構少ないエフェクターなので音色は基本的にかなりナチュラルです。

VELVET COMPの使い方

クリーンのカッティングはもちろん、クリーンでのリード

また軽く歪ませる前の前段においてもいい感じに仕事をしてくれます。

ノイズも少なめなので歪ませる前段に置いても気になりません。

クリーンに元気が出るような感じがあるのでブースター的なサウンドにも使えます。

PROVIDENCE VELVET COMP まとめ

今回のVELVET COMP

もはや定番化しているコンプです。

冒頭で述べたように

「コンプかかってますよ!」

というようなギター用 ザ・コンプレッサーというダイナコンプとはちょっと違ったタイプのコンプレッサーですが

ギター用ペダルコンプレッサーとしてきっちり仕事をしてくれる印象です。

こちらもこちらで一台持っていても損するコンプではないので初心者にも結構おすすめのペダルです。

この高品質さの割に値段も手頃で手を出しやすいんじゃないかなとおもいます。

-effector, コンプレッサー
-,

© 2021 masa BLIK ito.com