Tiny Moving Parts2

Tiny Moving Parts 新たなエモの形 機材やチューニングも

皆さんこんにちはmasa BLIK ito(まさぶりっくいとう)です。(@masabliks

最近にわかに盛り上がっているエモリバイバルの流れ。

今回はTiny Moving Partsというバンドを紹介して自分の知識も深ぼってみたいと思います。

タッピングを駆使したギターフレーズや曲展開が一聴するとちょっと複雑だったりするのですが

非常に親しみやすいメロディーと初期衝動が現れているボーカルはエモ好きにはハマるバンドだと思います!

Tiny Moving Partsとは

tinymovinparts5
  • Dylan Mattheisen – Vo/G
  • William "Bill" Chevalier – drums
  • Matthew Chevalier – Ba/Vo

の3ピースバンドです。

BaとDrは兄弟のバンドで、Voはいとこということで本人たちも「Family Band」と言っています。

ミネソタ州のバンドで、エモの要素もありつつちょっと変則的な曲構成はマスロックの影響もあるバンドと言えますね。

Tiny Moving Parts 機材やチューニング

Tiny Moving Parts4

Dylanの機材

ギタリストのブログとしてはVo/GのDylanの機材を見ていきたいと思います。

  • メインギター:Fender Classic Series '72 Telecaster Thinline
  • メインアンプ:Fender Supersonic 60 Combo

エモバンドらしく機材が手に入りやすいやつを使っているのが好印象ですね笑

Fenderのシンラインがお気に入りらしく数本使い分けているようです。

MVでは水色のシンラインをよく見ますね。

Dylanのチューニング

カポも駆使するDylanですが比較的

DAEAC#E

のチューニングが多いようです。

そのチューニングにカポを使用したりしているようです。

またスタンダードチューニングやドロップDもそれなりに使っているようです。

この曲はDAEAC#Eみたいですね。

Tiny Moving Parts の楽曲

Tiny Moving Parts3

一曲めを是非、聴いてみてください!

エモの初期衝動的なボーカルとタッピングや曲構成が難解になりすぎることなく

うまくポップに落とし込まれています。

機材のところでも紹介しているようにMVがこっていて見ごたえがあるのもユニークでいいですね。

masa
手術をほっぽってJAMする…

Tiny Moving Parts まとめ

初期のエモのバンドたちがそのアティチュード故か素晴らしい楽曲を残しながらも

バンドとしては解散が多かったりする中、Tiny Moving Partsのようなバンドが出てきているのは単純に嬉しいですね。

ぜひ定期的に音源を残していってほしいと思っています。

-T, ミュージシャン
-

© 2020 masa BLIK ito.com