【シールド】Belden9395とMogami2534を比較してみよう!【ギターケーブル】

皆さんこんにちはmasa BLIK ito(まさぶりっくいとう)です。(@masabliks

何本かシールドについての記事を上げてきましたが、今回はBelden9395とMogami2534です。

一方はギラつく感じ、一方ではワイドレンジと一見比較ににはならなそうですが、

どちらもストラトキャスターの音色にあっていると思い好んで使用しています。

両方とも

  • ローがじゃまにならない
  • 取り回しが楽
  • 自作時に作りやすい
  • ヌケが良い

と音色以外の特徴が半分入っていますが笑

扱いやすさも含めてとても良いケーブルです。

それでは実際に両者を順に見ていきましょう!

ベルデン8412と9395の比較記事はこちら↓

【シールド】ベルデン8412と9395定番ケーブル

皆さんこんにちはmasa BLIK ito(まさぶりっくいとう)です。(@masabliks) 今回はBeldenのシールドケーブル8412と9395について書いていきたいと思いま ...

続きを見る

ベルデン9395とモガミ2534のサウンド

一番気になる両者のサウンドを見ていきましょう。

ベルデン9395

ベルデン9395はローが2534に比べていい意味でロールオフされていて、ハイミッドのあたりに特徴があるため、

ギターの美味しい音域が強調されます。

歪ませると顕著で、現場ごとに「あまりギターが抜けないなあ」というときに使用すると、かなり解決したりします。

クリーンはモガミ2534に比べてそっけないというか、色気的な部分はモガミ2534に譲る感じがありますね。

モガミ2534

モガミ2534はバランスが良く、ベルデンで比較される場合9535ではなく8412と比べられる場合が多いです。

モガミ2534とベルデン8412の比較記事はこちら↓

【ケーブル】モガミ2534とベルデン8412ギターシールド自作徹底比較!

皆さんこんにちはmasa BLIK ito(まさぶりっくいとう)です。(@masabliks) 今回は自作シールド初心者の方へ向けて、モガミ2534とベルデン8412という大定番の ...

続きを見る

しかし、シングルコイルに関しては2534の音色の扱いやすさでベルデン9535とともに使っています。

ベルデン9395に比べて素直な音色で、ローの部分も素直に出てくる上、ハイの方のキラキラ感もきれいに出てきます。

音色の素直さからパッチケーブルにも良いですね。

モガミ2534単体のレビュー記事はこちら↓

【シールド】Mogami 2534 ケーブルについて 万能ケーブル

みなさんこんにちはmasa BLIK ito(まさぶりっくいとう)です。 今回はかなーり地味ですが、Mogamiが作っているシールドケーブル2534の話をしていきたいと思います。 ...

続きを見る

BELDEN9395をAmazonですぐにチェック

Mogami2534をAmazonですぐにチェック

モガミ2534、ベルデン9395自作のしやすさ

ベルデン9395は1芯で、シールド線もほどきやすいので、自作がかなりしやすいです。

自作初心者の方にもおすすめです。

表面はゴム感がありますが、ベルデン8412より皮膜をむきやすいです。

モガミ2534も4芯のシールドですが、ビニールの被膜やシールドの網線もとまとめがよく、ベルデン9395ほどではないにせよ、自作はしやすい部類ですね。

ベルデン9395とモガミ2534の取り回し

ベルデン9395、モガミ2534 両方とも適度に太くもなく細くもなく、取り回しは良いです。

ベルデン8412のようにぶっとく、ゴムゴムしい?質感でもないので持ち運びも軽くて助かります。

ギターに挿した時も邪魔にはなりません

保護材の関係で若干モガミ2534 のほうが叩きつけたノイズが少しだけ乗るかな?といった感じです。

ベルデン9395とモガミ2534まとめ

いかがでしたでしょうか

ベルデン9395、モガミ2534 とも基本的に、ギターのおいしいところを損なわないケーブルです。

ハムバッカーのギターにももちろんマッチしますが、私はシングルコイルのギターで好んで使用しています。

歪ませたり、フルコードでガシガシ鳴らすなら9395、

クリーンよりだったり、レンジを広く鳴らしたいなら2534が私の使い方としてはおすすめです。

ベルデン9395をサウンドハウスで見る
モガミ2534をサウンドハウスで見る

-ケーブル
-, , ,

© 2020 masa BLIK ito.com