fulltone-ocd-ab

Fulltoneカリフォルニア工場閉鎖 各種ペダルの高騰、ブランドの継続はどうなる?

皆さんこんにちはmasa BLIK ito(まさぶりっくいとう)です。(@masabliks

少し前にFulltoneの代表マイクフラーがディーラー向けに出したと思われる声明文でカリフォルニア工場の閉鎖を語っています。

それに伴いブランドの閉鎖が連鎖的に想起されることで、OCDなどのペダルが軒並み高騰しています。

Fulltone マイクフラーの声明文

fulltonestatement

以下がマイクフラーの出したと思われる声明文です。

原材料の高騰や物価上昇などの情勢からペダルを生産しても利益がないことが示されており、私財を投じて生産を保持する意味の無さも同時に語られており、

「30年間のFulltoneの歴史を閉じる」とあります。

そしてFulltone製品の生産も同時に終了することが書かれています。

しかし「Fulltone 」ブランドについては商標とともに保持することもほのめかされており、マイクフラーが次の一歩に踏み出すと述べられています。

Fulltone ブランド

以上のことから、マイクフラーが第一線から退くことは確かなことと読み取れます。

またナッシュビル郊外にレコーディングスタジオを購入したと述べられており、所有しているレコーディング機材で無名の才能のためにレコーディング業務を行っていくことも同時に発表しています。

Fulltoneブランドはマイクフラーの音楽に関わっていく中で何らかの形で生き残っていく可能性があるかもしれません。

OCDやFulldriveなどペダルの高騰

それに伴い国内外でFulltone製ペダルの価格がどんどん上がっています。

Reverb.comの取引履歴を見るとOCDなどは2倍以上になっており、この高騰は更に加速されそうです…

名機なのでストック用に購入している例もありそうですね。

69や70などのFuzzはもとが高いのもありますが、やはり高騰しています。

Fulltoneカリフォルニア工場閉鎖 まとめ

Fulltoneの終焉はJHSのジョシュスコットも「ブティックペダル時代の終わり」とも述べており、また一つの時代が移り変わったと感じさせます…

Fuzzなどは愛用しているので壊れないように慎重に使っていかなければいけませんね…

まだ市場には結構な球数があるFulltoneペダルですが、今後も移り変わりを見ていきたいところです。

Fulltone製ペダルのレビューをぜひどうぞ!

fulltone-ocd
【OD】Fulltone OCD V1.7とV2.0に助けられた話【バージョンでのサウンド違いも】

みなさんこんにちは歪み系ペダルの海を泳ぎ疲れていたはずがまたダイブしたくなっているmasa BLIK ito(まさぶりっくいとう)です。 前のBox of Rockのときの記事にも ...

続きを見る

fulltone69
FULLTONE 69 mk2 FUZZ ゲルマニウムファズをレビュー

FULLTONE 69 FUZZ レビュー!
ゲルマニウムFUZZ FACE系のFUZZです
さすがのFULLTONE、ギターのボリュームがどこでもわざとらしさがなくバランスが◎
特にクランチはずっと弾いてたくなる感です

続きを見る

fulltone70-b
FULLTONE ‘70-BC FUZZ レビュー!シリコンで万能なファズ!69との違いも徹底解説

FULLTONEのシリコンファズ、‘70-BC FUZZを手に入れてじっくり使ってみたのでレビューします
これの前にゲルマニウムの69FUZZもその前に手に入れていたのでこちらとの比較も!

続きを見る

-effector, Fuzz, オーバードライブ・ディストーション, コラム
-