masa-picks

JIM DUNLOP ULTEX SHARP 最近使用しているピックとともにインプレを!

皆さんこんにちはmasa BLIK ito(まさぶりっくいとう)です。(@masabliks

今メインで使っているピック

JIM DUNLOP ULTEX SHARP 1.00

なんですがここ最近でいくつかのピックをとっかえひっかえ試していたので

自分へのリマインドという意味でもまとめてみたいと思います。

JIM DUNLOP ULTEX SHARPについて

ultex-sharp

現在メインで使っています。

JIM DUNLOP ULTEXはシャープでないものも使っていたのですが

シャープのほうが弦離れが良いので気に入って使っています。

丸い方は別の意味でピックが弦に当たる深さに対して寛容な部分があるので

そっちのほうが弾きやすい場合もあるかもです。

0.73、0.90、1.00を試してみました。

巷では0.9までは面取りされていなく1.00から面取りされているという話を聞きました。

実際フチの処理と厚さが相関してか0.90と1.00の弾きごこちがそこまで変わりません。

フチがシュッとしているので1.00を選びました。

だいたい0.73くらいがバランスが取れている感じがするのですが

自分のスナップとシュレッド的なプレイの強化のため

一度硬めのピックでプラクティスしてみようと思いこのピックを選びました。

音色

ウルテックスは総じて「パチン」と弾けるような明るい音です。

後述するTortexに比べてピッキングのアタックを包んでくれるような感じがないので

雑にピッキングすると割とそのままザリンと雑な音になりますね。

Tortexについて

tortex-pick

十年前くらいはずっとTortexを使っていました。

現在は0.73、0.88をストックしてましたが昔は1.14も使ってました。

表面がザラザラしているのですが長く使っていくとツルツルしてきます。

結構無機質な感じである程度のアングルも音色的に吸収してしまうような印象がありました。

0.73は完全にジョンフルシアンテが使っていたので使ってみました。

ULTEXとは違って結構柔らかく感じて、カッティングなどには向いてそうなのですが

ちょっと単音が弾きにくく感じてしまい使うのをやめてしまいました。

手触りも良くてどこでも手に入りやすいのでユーザーも多いですね。

自分も長らく0.88を使っていたので

久々に弾くと自分の根本にもどったような気がします。

バランスが取れていて弾きやすく音色も安定しています。

音はウルテックスに比べて少し落ち着いている印象。

Jazz Ⅲ系

jazz3

ULTEX、TORTEXのちょっと大きめのXLとTORTEXの黒をストックしています。

どうしてもJAZZ Ⅲのノーマルサイズは単音はイイのですがストロークが慣れず

断念しました。

XLサイズのULTEXはちょっと厚すぎたのでストロークのプラクティスに関しても

別物過ぎて断念しました。

TORTEXは結構バランスが取れていてよかったですが

角度をつけて弾いたときに多少ヌメッとした感じがあるのでこちらも置いています。

セルロイド系

celluloid-pick

右のはEarthQuaker Devicesのエフェクターを買ったときについていたのですが

試しに弾いてみたときセルロイドのシンプルな弾き心地に惹かれるものがあったので

Fenderの左のピックを買いました。

Heavyも買ってみようと思います。

弦離れがよく、音もカラッとしていて良いです。

ちょっとだけ汗で滑りやすくはあるかな。

JIM DUNLOP ULTEX SHARP 最近使用しているピック まとめ

最近使っているピックたちをまとめてみました

JIM DUNLOP ULTEX SHARPはバランスが取れていて

ピッキングのレスポンスも厳し目なので練習になるかなと思い現在使っています。

セルロイド系のピックの良さを再確認したのでFenderのどノーマルなティアドロップも今後試していきたいと思います。

あとはMASTER 8 JAPANも良さそうですね。

練習と並行しつつピックはぼちぼち試していこうと思います~!

-付属品 周辺機器
-

© 2021 masa BLIK ito.com