Vivie MINERVA ATHENA スタジオのJCやMarshallでも安定した音色!【タメシビキ!】

皆さんこんにちはmasa BLIK ito(まさぶりっくいとう)です。(@masabliks

今回タメシビキ!で取り上げられた機材は

Vivieのプロフェッショナルシリーズのエフェクターです。

最近SNS界隈でも名前を見ることが多いVivie。

自分も結構気になっていました。

ポイント

タメシビキ!とは確かな技術と、ギターイノベーション大学( @GIU_Salon)など先進的な活動で今多数のアーティストへのサポートのみならず、youtubeなどでも大人気のギタリスト山口和也さん(@kkkzzzyyy)のyoutubeチャンネルです。

今回のVivieのMINERVA、ATHENAの2機種はプロフェッショナルシリーズとして

  プレイヤーのかゆいところに手が届くように設計された

オーバードライブとディストーションです。

スタジオのMarshallでもJCでもマッチするようなスイッチが付いていたりしており

ユーザーに寄り添った設計になっているようですね

Vivieというエフェクターメーカーについて

最近SNSなどでもユーザーに寄り添った丁寧な対応をしているメーカーという印象です。

プロダクトも丁寧なラインナップで今かなり勢いのあるペダルメーカーと言えるでしょう!

ギターだけでなく、ベース用のエフェクターのラインナップも充実しています。

MINERVA

Vivie初のプロフェッショナルシリーズの名を関したモデルということです。

あらゆるアンプを極上のトーンに変えることができるオーバードライブというメーカーの自信を感じます。

JC-MSスイッチでスタジオのJC系のコンボアンプとMarshall系のスタックアンプにマッチするようなレンジ感を選択できます。

またTUBEコントロールでミドルの飽和感をコントロールできるようです。

ATHENA

ATHENAはMINERVAと同じようにIRENE66というモデルを開発時に蓄積したデータをもとに開発されたモデルということです。

MINERVAと対をなすモデルでこちらはディストーションなので歪みがもっと深いモデルになっているようですね。

JC-MSスイッチも搭載されています。

TubeAdjustコントロールでローとハイの質感をコントロールできるようになっており

このツマミで倍音やアタック、音圧感などをコントロールするような設計みたいです。

Vivie MINERVA ATHENAのタメシビキ!について

まずは「タメシビキ!」動画を見てみましょう

動画の初めから山口さんのデモプレイが始まります。

ニュアンスが出るペダルなのでしっかり強弱をつける演奏をしてくれているのでVivieのエフェクターの表現力がわかりやすいです。

PRSのシングルカットでのデモプレイです。

MINERVAの音色

3:27 MINERVAのデモプレイです

TUBEコントロールをマックスまで回すとミチミチーっとした密度の高い音になりますね

逆に回すと透明感の高い歪みになるイメージです。

歪みの幅も広い!

ATHENAの音色

7:04 ATHENAのでもプレイです。

一聴して歪みの深さがMINERVAとは違いますね。

TubeAdjustコントロールは一般的なローとハイというよりもニュアンスを変えていくイメージですね。

基本的な音色を変えていくというより、このペダルを自分で引きやすいようにアジャストしていくような感覚だと思いました。

定番ペダルとの比較

4:37 BOSS : Blues Driver BD-2W

5:52 Ibanez : Tubescreamer TS808

8:21 MXR : Distortion+

9:22 PROCO : RAT

これら定番ペダルとの比較があるので大変わかりやすい。

山口さんが述べているように

Vivieのエフェクトは非常に「アンプライク」なニュアンスを感じますね。

意外とMXRとTSの音がいい音でした

JC-MSスイッチの効果

MINERVA

12:53 JC-120×MINERVA

まずJCとMINERVAから

スイッチをあえてMSにしてからJCにすると一気に音が前に出てくるような感じになります。

レスポンスも気持ちよさそうです。

14:46 JCM900×MINERVA

MarshallとMINERVAではスイッチの切り替えによってMarshallでありがちな耳に痛いハイを抑えることができるようです。

しかしJCのモードでも結構いい音なので全然使えそうです。

ATHENA

13:49 JC-120×ATHENA

こちらもJCモードにすると音が前に出てきますね。

ハイがきついなと思うときはJCのアンプでもあえてMSモードにしても良いかもしれません。

15:51 JCM900×ATHENA

こちらもMSにすると程よくハイがまるまり、ミドルが少し出てくるような感覚になるため

弾きやすくなりそうです。

ただJCのモードでもきれいなハイが出ているので全く悪い音ではないですね。

Vivie MINERVA ATHENA まとめ

まとめトークでもあるようにVivie MINERVA ATHENA両方ともJCとMarshallに合わせるだけではなく

ハイがきついアンプに対してとか

こもりがちなコンボとか

色々なシチュエーションに合わせてアジャストしていけるエフェクターなのでアンプを持ち運べない現場でも心強い味方になってくれそうです。

19:06 エンディングの演奏

ではATHENAで素晴らしいデモ演奏を聴かせてくれています。

これ聴いたら欲しくなっちゃいますよね笑

MINERVAをサウンドハウスでチェック

ATHENAをサウンドハウスでチェック

-effector, オーバードライブ・ディストーション, タメシビキ!
-, ,

© 2020 masa BLIK ito.com