付属品 周辺機器

BeatsXをAirPodsから乗り換えてみた結果【ギタリスト目線】

BeatsX

皆さんこんにちはmasa BLIK ito(まさぶりっくいとう)です。(@masabliks

普段使いのヘッドホンやイヤホンてみんなどんなものを使用していますか?

この度僕はAirPodsから浮気してBeatsXを使ってみることにしました。

blank
masa
酔っ払って片方なくしたわけでは決してない

重低音のイメージが大きいBeatsシリーズで今回まで結構避けてきたのですが

使用してみたところそこまでローがボワボワしているわけではなく

結構バランスがいい出音で定位感もAirPodsより若干いいかなという感じで

使用感は良好です。

BeatsXの仕様

BeatsX

ポイント

  • インイヤー型でしっかり耳にフィット
  • Bluetooth仕様でワイヤレス
  • リモコン、マイク付き
  • パッシブのノイズアイソレーション
  • ライトニングケーブルで充電
  • フレックスフォームケーブルで断線に強そう?
  • 5分の充電で2時間再生可能な急速充電
  • フル充電で連続8時間使用可能
  • W1チップでiPhoneとの互換性が高い

Bluetoothイヤホンで探していたのでまずはここは外せませんでした。

充電の持ちも現段階では十分。

アップルのW1チップというものを内蔵しており、ペアリングが簡単にできる上に

BeatsX

AirPodsのように専用画面が出てくるのも嬉しいです。

BeatsXとAirPods

BeatsX

音質

自分が使っていたのはAirPodsの第二世代でproではないものです。

まず無駄なローではなくバスドラやベースの輪郭がはっきりしてよりつかみやすいローが再生されています。

blank
masa
やっぱりロックやヒップホップには良さそう

音の定位もAirPodsよりもはっきりしていて全体的な音質はAirPodsより1歩進んでいるかなーと思います。

ベースとギターの音像の確認や左右にパンされたギターなんかはAirPodsより聴き取りやすいですね。

繰り返しですが、結構初期のBeatsのヘッドホンの印象からド派手なローばっかり鳴っているのかなと思っていたら

そんなことはなくバランスが取れている音色でなかなか良かったです。

遮音性

BeatsXのノイズアイソレーションは

本体の気密性を高めて音漏れや外部の音を遮断する

というもので電気的なものではなく構造的なものです。

これはAirPodsよりだいぶ優れています。

ただ街歩きで使用するには外の音が聞こえにくいのでちょっと注意したほうがいいかも?

これは電気的なノイズキャンセリングも同様ですが。

マイク

これに関してはAirPodsのほうが通話がしやすいと感じました。

やはり首のケーブルが擦れることによるノイズやマイクの位置から

AirPodsのほうが物理的なノイズの影響を受けにくいようです。

電池の持ちと使用感

物理的な持ちというよりAirPodsのほうがケースにしまえば基本的には本体のマイクに切り替わって充電状態になるのが便利でした。

BeatsXは使用しないときは電源ボタンを押してOFFにしないと電池の持ちが気になるとともに

急な電話がかかってきたときなどBeatsXとペアリングしてるのを忘れてあたふたしたりします笑

blank
masa
まあこのへんは本人の注意力の問題です

ケーブルの有無

これに関しては諸説あると思いますが

ケーブルが有ると圧倒的に無くしにくい…!

装着感などは最初AirPodsから付け替えたときに若干ケーブルが気になりましたが

すぐに慣れました。

一つだけマスクをしているとイヤフォン型のほうが圧倒的につけ外ししやすいのは確かです。

なのでマスクではAirPodsのほうが使い勝手がいいかも…

でもマスクをするようになってマスクのバンドが原因でAirPodsが弾き飛ばされてしまった事が結構あったので

この辺も考えどこかも…

BeatsXをAirPodsから乗り換えてみた結果

そんなこんなで総合的な音質はAirPodsよりもちょっとだけBeatsXのほうに軍配が上がる使用感となりました。

このクォリティーで1万円を切る価格なのでぜんぜんありなイヤフォン何じゃないかなと思います。

もうしばらく使ってみて不具合などがあればまた更新していきたいと思います!


-付属品 周辺機器
-,

© 2020 masa BLIK ito.com