HH-stompman

Hughes & Kettner  SPIRIT StompMan フロアタイプの50Wアンプ

皆さんこんにちはmasa BLIK ito(まさぶりっくいとう)です。(@masabliks

Hughes & Kettnerから新型のフロアタイプのアンプSPIRIT StompManが発表されました。

前に発表されていたAmpmanのシンプルバージョンとしてより使いやすくなっている印象のデバイスです。

こちらのほうが使いやすそうというギタリストも多そうですね!

Hughes & Kettner  SPIRIT StompMan スペックと詳細

HH-stompman-b
  • 4Ω使用時で50Wの出力
  • Ampmanと同じ完全アナログでレイテンシーのないSpiritToneGeneratorテクノロジー
  • パワーアンプのコンプレッションをコントロールするSAGGINGコントロール
  • 調整可能でフットスイッチでON/OFF可能なシリアルFXループ
  • 寸法:132 x 52 x 153 mm
  • 650g

Hughes & Kettnerの最近の技術であるSpiritToneGeneratorテクノロジーが使われています。

同社のAmpmanやSpirit Nanoでも使われていますね。

コントロールもほぼAmpmanと一緒です。

Hughes & Kettner  SPIRIT StompMan コントロール

  • MASTER
  • SAGGING
  • GAIN
  • PRESENCE
  • RESONANCE
  • TONE

あえて3バンドのEQではないところもAmpmanと一緒です。

PRESCENCEとRESONANCEでパワーアンプ段の高域と低域をコントロールする以外はTONEで補正していくタイプなので、器用に音作りするタイプではないですね。

SAGGINGコントロールでコンプレッションやレスポンスをコントロールすることができるので、アンプのタイプを帰るような効果があります。

Ampmanより小さいのでエフェクトボードに載せやすくなっています。

Hughes & Kettner  SPIRIT StompMan サウンド

ミドルが暖かめのサウンドです。

AmpmanでいえばClassicに近い感じですね。

こちらのほうではよりダイレクトなサウンドがわかります。

ブースターなどと組み合わせればきっちり歪みます。

ペダルボードにきっちり収まるのが◎

Hughes & Kettner  SPIRIT StompManまとめ

Ampmanよりこっちのほうが需要高そうなので、こっちが先に出ておけばよかったのにとちょっと思っています。

パワーアンプ付きフロアアンプもかなりバリエーション出揃ってきましたね!

-アンプ
-