Ibanez 新IRON LABEL

Ibanezのメタルギター・ベースシリーズ IRON LABELが刷新して新登場!

皆さんこんにちはmasa BLIK ito(まさぶりっくいとう)です。(@masabliks

Ibanezのメタルギターを象徴するIRON LABELというシリーズのギター/ベースが装いが新たになり再登場しました。

ロゴもデスメタルっぽくて気合が入っとる…!

ギター3種、ベース2種となっています。

Ibanezで根強い人気があるアイスマンシェイプのものもラインナップされており、マットブラックがカッコいいモデルです。

Ibanez 新IRON LABEL ギター 共通スペック

  • Wizard II-7/5pc Maple/Walnut スルーネック(7弦モデル)
  • Wizard III/5pc Maple/Walnutスルーネック(6弦モデル)
  • Okoume ボディ
  • エボニー指板 24F ジャンボフレット
  • 25.5インチスケール
  • 弦間ピッチ:10.8mm
  • PU:DiMarzio D-Activator

5ピースのスルーネック構造にOkoume(オクメ)ボディというのが特徴的です。

オクメボディは結構最近みるようになった材ですが、基本的に明るめのサウンドでレンジの広さが特徴のようです。

ベースにも採用されているのも見ますね。

ダウンチューニングなどの低域の再現性にもこだわりが見られます。

ロングスケールでエボニー指板、24Fという幅広いジャンルに対応するスペック。

工場出荷時のチューニングは1弦からD/A/F/C/G/D/A(7弦モデルのみ)

というチューニングとなっており、ノーマルチューニングから1音下げがデフォルトとなっています。

ICTB721

ICTB721

アイスマンシェイプの7弦モデル。

Mono-rail bridgeというフィックストタイプのブリッジが採用されています。

こちらは各弦独立構造なのでサドルの前後の調整幅が広く、音響特性も良いそうですね。

PUはDiMarzio D-Activator 7弦用モデル。

直流抵抗値が11.4KΩほどでそこまで高いわけではなく、Dimazioハイゲイン系PUとしてはむしろ低いほうかもしれません。

ローが引き締まっており輪郭がクリア、さらにレンジも広めでDimazio独特の中域もそこまで感じられないモデルですね。

このモデルだけ、Gotoh製のロック式ペグが使われております。

下の2本はロック式トレモロだからというのもありますね。

アイスマンシェイプはSystem Of A Downのダロンがステージで好んで使っていることが思い出されます。

XPTB620

XPTB620

X型のいかにも「メタルギター」なシェイプのモデル。

こちらは6弦のものです。

ボディのインパクトもさることながら、リバースヘッドにもなっています。

ロック式トレモロの「Edge-Zero Ⅱ bridge」が採用されています。

ペグはGotoh製ですが、ロック式ではありません。

XPTB720

XPTB720

こちらは7弦バージョン。

ほぼ弦以外は620と同じ

これ系の変形ギターって持ってみると角の部分は体に触れないのでけっこう見た目より小さく、取り回しが良かったりするんですよね。

Ibanez 新IRON LABEL ベース 共通スペック

  • Okoume ボディ
  • Ebonol指板
  • MR5ブリッジ
  • 25.5インチスケール
  • PU:Bartolini BH2

5弦ベースの2本ですが結構2つともスペックが違います。

指板はEbonolという合成樹脂素材。

エボニーの代替として使用されることが多いようですが、ギター用がエボニー指板ということを考えると、音的にEbonolを採用している可能性もありますね。

PUはBartolini製。

SRM625EX

SRM625EX

マルチスケールの5弦べース

ネック:SRMS5 for Multi Scale5pc Maple/Walnut

ミディアム:24F / 35.5-34スケール

チューニングはノーマルの5弦で5弦がBになっています。

ネックはボルトオン。

BTB625EX

BTB625EX

こちらはノーマルの5弦ベース

ネック:BTB55pc Maple/Walnut w/Graphite reinforcement rodsスルーネック

ミディアムステンレスフレット:24F(+0F) / 35スケール

こちらはスルーネック構造でステンレスフレットが採用されています。

マルチスケールではないですが、ブリッジは上のものと同じ。

0Fが採用されており、さらにこちらはステンレスフレット。

なにげにどちらが上というわけではなく、結構方向性そのものを変えているのでサウンドも結構違いそうですね。

Ibanez 新IRON LABELシリーズまとめ

マットブラックというカラーになんともくすぐられてしまう新IRON LABELシリーズ。

ギターはわりかしシェイプで選んで大丈夫そうですが、ベースは微妙な違いで差別化を図っているのが面白かったです。

とはいえ、シンプルな構造なので直感で選んでも目論見違いということはそんなに起きなそうですね。

アイスマンシェイプのギターはやっぱりかっこいいなー!

Ibanez Ichika Nito モデル
Ibanez Ichika Nito シグネチャーモデルがヘッドレスのQシリーズから発表!

IbanezからヘッドレスのQシリーズが発表されたと同時に、Ichikaさんモデルのリリースもアナウンスされました
ICHI10と名付けられたこのモデル
新しさとトラディショナルさが同居した興味深いモデルです

続きを見る

masa BLIK itoの音源をチェック!

masablikito-ongen3

-ギター本体
-