【PU】Seymour Duncan Phat cat ハムサイズのP-90【SPH90-1】

皆さんこんにちはmasa BLIK ito(まさぶりっくいとう)です。(@masabliks

今回はハムバッカーサイズのキャビティに無改造でそのまま載せることができるSeymour DuncanのSPH90-1 Phat cat をレビューしていきたいと思います。

ザグリをし直したりしなくてもハムバッカーが載っていたギターならそのまま載せることができる便利なP-90タイプのピックアップです。

正真正銘のシングルコイルなので擬似的にハイをブーストしたような音色のハムバッカーではなく、

とてもナチュラルな質感のピックアップです。

ニュアンス的に中域にちょっとゴリッとしたところがあったりするので、

普通のビンテージ系のハムバッカーにヒトクセ加えたいギタリストにはおすすめです。

自分はFenderカスタムショップのフラットヘッドテレキャスター(Slipknotジムルートモデル)に載せていました。

もともとEMGが載っていたこのギター、急に大幅な改造をしたくなり真逆なピックアップであるこのPhat Catを載せました。

今思うとなぜ…と思わないこともないが…

それでは見てみましょう!

SPH90-1 Phat Cat スペック

マグネット:アルニコ2

直流抵抗:8KΩ

マグネットは磁力が控えめのアルニコ2、直流抵抗も控えめですね。

オールドタイプのシールド線が出ているタイプのピックアップです。

ピックアップカバーがもとから付いている形になっています。

昔、これを載せるときクロームのPUカバーがソープバーぽくないと思い、外せばプラスチックのあの見た目が出てくると思い、

無理して外そうとしました笑

結果こいつを外してしまうと直にコイルが出てきてしまうので、NGでした。

やるひとはなかなかいないと思うのですが、Phat Catはカバー開けてはだめです笑

SPH90-1 Phat Catのサウンド

導入前はハムバッカーにシングルコイルの鋭さのニュアンスが出るのかなと思ったのですが、実際は

比較的ウォームなビンテージ系のハムバッカーの音色

といっていいでしょう。

P-90を模したピックアップにはシングルコイルよりの鋭い音色のものと、ハムとは違う暖かさを持ったモデルが2種類あるようです。

こちらは結構温かい音色のタイプです。

試したギター

先程も書いたように2ハムのテレキャスターシェイプであるフラットヘッドテレキャスター(Slipknotジムルートモデル)に載せていました。

EMGが載っていたメタルギターからビンテージっぽい雰囲気にしたくて一気にPhat Catという真逆なピックアップを載せてみました。

もうちょっとビンテージ系が映えるギターに載せたほうが良かった話も…

サウンド

先程も書いたようにシングルっぽさは結構薄いです。

ミドルが気持ちよく出る暖かめの音色です。

ボディが鳴るタイプのギターの方が気持ち良い音が出ると思います。

アルニコ2のせいかちょっと甘めの音色で、クランチくらいにして指弾きするとかなーり気持ちいいですね。

見た目より上品な感じなので、ポップスなんかにも合いそう。

SPH90-1 Phat Catまとめ

そんなこんなでSeymour Duncan SPH90-1 Phat Cat、

ハムバッカーサイズに簡単に収まるP-90タイプのピックアップのレビューをしました。

結構甘めの音色なので、ソロを弾くときなんかも結構味のあるソロが弾けるタイプのピックアップだと思います。

扱いやすく、出力も数字通りのイメージなので、載せてがっかりすることはないんじゃないかなと。

ハムバッカーのキャビティにピッタリ入るP-90タイプのピックアップって選択しがそこまでないので、

P-90の中域が欲しい人には結構おすすめです。

それでは!

masa BLIK itoの音源をチェック!

masablikito-ongen3

-シングルコイル, ピックアップ, 使用機材
-,