【タメシビキ!レビュー】SYNERGY Amps リアルチューブアンプを理想の組み合わせに!

皆さんこんにちはmasa BLIK itoです。(@masabliks

今回の記事では確かな技術と、先進的な活動で今多数のアーティストへのサポートのみならず、

youtubeなどでも大人気の山口和也さん(@kkkzzzyyy)のyoutube動画「タメシビキ!」のレビューをしてみたいと思います!

そしてその動画の内容は、

話題のアンプモジュールを組み込んで、理想のアンプを自分で組み上げることのできる「SYNERGY Ampsのタメシビキ!」についてです。

「チューブアンプをどこでも弾きたいけど、運ぶのがおっくう。」

「本物のチューブアンプをマルチエフェクターのように何台も使い分けてみたい。」

そんなギタリストに対して夢のようなデバイス、それがSYNERGY Ampsです。

この山口さん(@kkkzzzyyy)の「タメシビキ!」ではDIEZEL、FRIEDMAN、FENDER、DUMBLE、などそうそうたるアンプたちをモジュール化して自分の好きなように組み合わせて使えるSYNERGY Ampsを紹介し、

その夢のようなSYNERGY Ampsと実機との比較も交えて解説してくれています。

それではSYNERGY Ampsの「タメシビキ!」みていってみましょう!

SYNERGY Ampsはどうやって生まれた?

まず動画序盤で語られているように「SYNERGY Amps」がどのようなものかここでもみてみましょう。

日本の代理店であるモリダイラ楽器の公式ページでは

米国ロサンゼルスにある「Boutique Amps Distribution」という、フリードマンや65AMPS、トーン・キング、イグネーターなどの製造販売、ディーゼルの米国代理店などを手がける会社により、そのコネクションを利用して各ブランドの相乗効果(synergy)を生み出すために企画され、近年誕生したブランドだ。プリアンプに限らず、パワー・アンプSYN5050はVHTアンプの創始者であるSteven Fryette(スティーヴン・フライエット)氏が設計するなど、まさに各アンプ・メーカーの英知が結集したブランドと言えるだろう。

とあります。

つまりは各アンプが「シミュレーター」などではなく、そのメーカーがお墨付きで作った本物のチューブアンプたちということです。

それらのアンプが「相乗効果」を生み出すことでプレイヤーにさらなるひらめきを与えたり、アンプメーカー自体の自社の音色を広く示せる機会にもなっているようですね。

SYNERGY AmpsでDiezel、Fender、Dumble、Friedmanやプレキシ等様々なモジュールを差し替えて使用することができます。

もちろんそれらはチューブで駆動させるものになっています。

ハードウェアも、モジュールが1つだけさせるもの、2つのものがあったり、専用のチューブパワーアンプやキャビネットもあります。

一式SYNERGY Ampsで揃えるもよし、プリアンプとして使うのも良しと言ったフレキシブルさも魅力です。

SYNERGY Ampsの「タメシビキ!」をみてみよう

さあ概要の説明を終えたら、さあ早速その動画を見てみましょう。

まずSYNERGY Ampsの説明や実機の概要を説明してくれています。

この上の画面で動画を見続けてもOKですし、下に貼り付けた動画では各サウンドに飛ぶようにしてあるので、そちらのほうが見やすいかも知れません。

お好みの方をどうぞ!

SYNERGY Amps の各モジュールのサウンド

実際の見どころはここからと言ってもいいでしょう!

Diezel実機のサウンド

動画6:15~ https://youtu.be/OrxSXD8D-0k?t=376

Diezel VH4実機のサウンドが聴けます。

これは、まあいい音ですよね、それは笑

Diezel VH4は歪んでいても音が真っ直ぐに抜けていく印象があります。

やや硬めの音質はチューンダウンしても抜けてくるし、ノーマルチューニングにもきちんと対応する懐の深さがあります。

SYNERGY Amps Diezel VH4モジュールのサウンド

動画7:02~ https://youtu.be/OrxSXD8D-0k?t=420

いよいよSYNERGY AmpsのVH4モジュールの登場です。

ほんの少しだけ歪みが強くなった気もしますが、かなりというかほぼ同じ音がしています。

歪みもつまみが1メモリ違うかどうかくらいの違いしかないのではないでしょうか。

このくらいの差なら、アンプの実機同士の個体差でもありそうな違いかと思います。

動画内でも話されていますがあのDiezel VH4のサウンドが真空管付きでこのボックスに収まるのは驚異的です。

SYNERGY Amps FRIEDMAN HBE module のサウンド(BE-100 HBE)

動画8:39~ https://youtu.be/OrxSXD8D-0k?t=518

Friedmanの大人気アンプBE-100のHBEモードのモジュールのサウンドです。

高音域がジューシーというか高音弦の方のピッキング時の気持ちの良いアタック感がよく出ています。

SYNERGY Amps BE-BB module クリーンのサウンド(BE-100クリーン)

動画10:10~ https://youtu.be/OrxSXD8D-0k?t=610

次にBE-100のクリーンチャンネルを想定したモジュールのサウンドです。

本当にキレイに澄んだクリーントーンです。

クリーンのカッティングなんかにはもってこいのサウンドだと思います。

エフェクト乗りも良さそうです。

SYNERGY Amps BE-BB module ドライブ のサウンド(BE-100 ドライブ)

動画11:00~ https://youtu.be/OrxSXD8D-0k?t=660

BE-100のノーマルの(HBEを入れない)歪みサウンドです。

あれ?

ぼくとしてはHBEのものよりこちらのほうが元気があって好きですね。

明るい素晴らしいドライブサウンドで、かなり抜けが良さそうな歪みサウンドです。

このモジュールだけでも欲しいギタリストは結構いるのではないでしょうか?

SYNERGY Amps TDLX module のサウンド(Fender)

動画12:32~ https://youtu.be/OrxSXD8D-0k?t=752

Fenderアンプのピッキング時のコンプ感のようなサウンドと、ハイのキラキラした成分がそのまま出てきますね。

聴いているだけで弾いている楽しさが伝わってきます。

このモジュールはツインリバーブと、デラックスリバーブを想定したモジュールの2種類になっているようです。

動画ではツインリバーブのモードのデモが流れていましたが、デラックスリバーブの音色も聞きたかったです…

これだけ再現性が高いため、きっとすごそう…

SYNERGY Amps SYNERGY OS module クリーン (Dumble OverDrive Special)

動画14:29~ https://youtu.be/OrxSXD8D-0k?t=869

これも話題になりそうな伝説のDumbleアンプのクリーントーンです。

Fenderとはまた違ってクリーミーな音色で、リッチなクリーントーンです。

Dumbleアンプは全くいじったことがないので、似ているかは正直わからないのですが、このクリーンはなかなかシミュレーター系で出そうとするとこもってしまうだけだったりしそうですが、

動画で見る限り、抜けも問題無さそうで、素晴らしいサウンドです。

SYNERGY Amps SYNERGY OS moduleドライブ(Dumble OverDrive Special)

動画15:31~ https://youtu.be/OrxSXD8D-0k?t=931

次はドライブサウンドです。

Dumbleのアンプはクリーンのチャンネルを通ってからオーバードライブがかかっていくようで、その流れもきちんと踏襲しています。

音はかなりぶっといサウンドで、ミドルが本当に気持ちよさそうです。

試奏のレベルではなく本当に楽しそうです笑

弾いている方も聴いている方も単純に耳に本当に心地が良い音色です。

SYNERGY Amps Diezel VH4 module →JC-120 SENDE/RETURN

動画18:52~ https://youtu.be/OrxSXD8D-0k?t=1182

次にパワーアンプを替えてJC-120のセンドリターンに4ケーブルメソッドを使ってSYNERGY AmpsのVH4モジュールを通した音色です。

パワーアンプも、もちろんキャビネットが違うため先程のVH4のサウンドとは少し違いますが、バリッとして、

「アンサンブルでも抜けそうなサウンド」

と評していますね。

確かに一朝一夕のJC-120では到底でなそうなサウンドです。

SYNERGY Ampsの他の機能

動画内の説明でもあるように、SUGというパワーアンプとプリアンプでの電源の奪い合いを想定して、コンプ感を出すようなツマミが搭載されていたりしています。

さらに先程も述べたようにSYNERGY Ampsのイン/アウトと、つなぐ先のアンプのセンド/リターンを4本のケーブルでつなぐことにより(4ケーブルメソッド)、

アンプ部分のプリアンプも殺さずに使用することができるため、非常にシナジー(相乗)効果のある使用方法ができますね!

SYNERGY Ampsタメシビキ!レビューまとめ

そんなこんなでSYNERGY Ampsの気になる点がピンポイントですぐわかる山口和也さんの「タメシビキ!」SYNERGY Amps編をレビューしてみました。

個人的には最初と最後に入っているデモプレイが相当かっこよくて好みです。

HBEのモジュールとFenderのモジュールで録っているようですね。

それに本編ではハムバッカーのPRSでのプレイだったので、

ストラトキャスターでのプレイは非常に参考になります。

ギタリストがだれでも目が輝いてしまうようなモジュールばかりなSYNERGY Amps、自分も是非試してみたいと思いました。

気になったモジュールとしてはSOLDANOのSLOなどはかなり興味があります。

また、DiezelやFriedmanなどのモデルは同じパワーアンプでVeroCityとの比較も見てみたいと思いました!

そんなSYNERGY Ampsとそのサウンドがわかる「タメシビキ!」のレビューでした!

MOOER GTRS タメシビキ

2021/6/17

GTRS ギター MOOERからオールインワンギタータメシビキ!現在わかる全情報!

前の記事が急にヒットしてびっくりしてる
MOOER GTRSオールインワンギターシステム #タメシビキ ブログ
山口和也さんの説明でサウンドも本体の弾いた感じのグレードも一発でわかります。

ReadMore

providence-vitalizer

2021/6/15

Providence VITALIZER タメシビキ!各機種の詳細を深堀り!

Providence VITALIZER #タメシビキ ブログ!
音質はもちろん、操作感も現場仕様なVITALIZERについて
多岐にわたるVITALIZERのラインナップもひと目で分かるようにまとめました。
ブースター付き、優秀!

ReadMore

SENNHEISER IE 100 PRO タメシビキ! (1)

2021/6/14

Sennheiser IE 100 PRO タメシビキ!プロデューサー本間昭光さんの話を刮目して聴くべき

プロデューサー本間昭光さんのお話とともに、Sennheiser IE 100 PROの実力がみれます。
なによりも今のミュージシャンとして自分も聴いていて勇気づけられる内容でした。もちろんSennheiser IE 100 PROのすばらしさも詳しくまとめました。

ReadMore

XTONE Duo タメシビキ

2021/5/13

XSONIC XTONE タメシビキ スマホでもRECできちゃう オーディオインターフェイス!

XTONE #タメシビキ ブログです!
iPhoneでもiPadでもそうとう簡単にREC
さらにマルチエフェクターみたいにも使えてしまう
オーディオインターフェイス!
さすがのBIASでギターの音もすばらしい◎

ReadMore

電圧でエフェクターのサウンドが変わる!タメシビキ

2021/5/13

電圧でエフェクターのサウンドが変わる!タメシビキ【ALBIT GW-2、GFD-1】

今回はエフェクターへの供給電圧によってサウンドがどのように変わるか明確にわかる #タメシビキです
ALBITのドライブペダルに9Vと12Vの電圧をかけてサウンドの違いを聴き比べ
さらに2つのペダルのポテンシャルが更に深堀りされています!

ReadMore

FLAMMAのルーパー 3機種 タメシビキ! (1)

2021/5/10

FLAMMA FS01 FS21 FC01 ルーパー3機種 タメシビキ! 【どれを選ぶべきかもわかります】

FLAMMA FS01 FS21 FC01 ルーパー3機種 #タメシビキ ブログ!
練習が倍速ではかどるルーパーを山口さんがデモ演奏ありで解説しています

各モデルの違いもすぐわかるので何買っていいかすぐわかりますね~!

ReadMore

AddicTone Custom Guitars Arena

2021/5/7

Addictone Arena タメシビキ SuhrやIbanezのストラトタイプと比べても絶賛!

Addictone Custom Guitars Arena #タメシビキ ブログを今回は!
ギタリスト古川昌義さんも絶賛のこのモデル、SuhrやIbanezとの比較もありますが
このギターの素性のよさが非常によく分かるムービーです

ReadMore

AIRSTEP-tameshibiki

2021/5/6

XSONIC AIRSTEP タメシビキ 簡単に設定できる汎用フットスイッチがすごい!

超便利汎用フットスイッチXSONIC AIRSTEP #タメシビキ #ブログ更新 !

これはすごい便利…!
組み合わせるとすべての機器をワイヤレスでフットコントロールできたりもするのがすごすぎ!

ReadMore

Donner vs Providence

2021/4/30

Donner テレキャスタータイプ タメシビキ ビギナー向けエレキの実力は?

Donner vs Providence #タメシビキ ブログです
今回は激安ブランドとして知られるDonnerと
値段差が13倍以上のProvidenceとの比較!
も面白い結果に!!
ブラインド比較どれくらい当たりましたか??

ReadMore

HATA T.N-DESIGN×Alias Sound

2021/4/26

VANERN ディストーションタメシビキ HATA T.N-DESIGN×Alias Sound こだわりのペダル!

VANERN ディストーション #タメシビキ ブログ
タメシビキ × 己龍 酒井参輝
音色だけでなく見た目も華美なVANERN
という見ごたえのあるムービーになってます!
ローゲインもハイゲインも◎
筐体での音色の違いも気になりますね!

ReadMore

-effector, アンプ, タメシビキ!, プリアンプ, 動画レビュー
-, , ,

© 2021 masa BLIK ito.com