BOSS-SD1w

BOSS SD-1wレビュー!ブースターとしての効果的な使い方も!

皆さんこんにちはmasa BLIK ito(まさぶりっくいとう)です。(@masabliks

今更ながらBOSS SD-1wのレビューをしていこうと思います。

評価に違わず単体としてもブースターとしてもなかなかの高レベルで、早く手に入れておきたかったなーと思っております。

後述していきますが、余程の理由がない限りノーマルSD-1よりもSD-1wの方をおすすめします!

BOSS SD-1wとノーマルSD-1の違い

1981年に発売されナチュラルなオーバードライブサウンドでロングセラーなBOSS SD-1。

多くのビルダーがMODしているのですが、BOSS直々にWAZA CRAFTシリーズとしてパワーアップさせたのがBOSS SD-1wです。

SD-1wとノーマルのSD-1 の違いは

  • ノーマルがIC使用なのに対して完全ディスクリートの回路
  • WAZA CRAFTとして一つ一つのパーツの見直し
  • スタンダード、カスタム、2種類のモードを搭載

回路がそもそも組み直されており、ブラッシュアップされているサウンドになっています。

モードも2つあり、用途によってマッチする方を選択できます。

BOSS SD-1w

  • LEVEL
  • TONE
  • DRIVE
  • モード切替スイッチ

というシンプルなコントロール。

モードが2つありそれぞれのモードによって特徴もちょっと変わっていきます。

またWAZA CRAFTになってバイパス音も改良されており、従来のように高域がなまるような感じがなく自然なバイパス音になっています。

SD-1wサウンド

Sモード

従来のSD-1 に近いモードとしてS(スタンダード)モードから。

従来のSD-1 とも回路が違うため、SD-1wのSモードと通常のSD-1では出音も違う感じです。

Sモードの方がハイがよく出て、ピッキングの反応もギターのボリュームの反応もいい感じです。

後述するCモードに比べてローが削れる感じがあります。

Cモード

C(カスタム)モードはSモードのレンジが広くなって、ゲインや音量もアップしてます。

単体で歪ませるときにはCモードのほうが、よりナチュラルな歪みとして使えます。

歪み方は非常にナチュラルで、程よいコンプ感が気持ちよい歪み。

従来のSD-1<Sモード<Cモード

の順でレンジ感が広がっていく感じです。

このCモードがまたいい感じのチューニングで、単体で歪ませる場合の歪みの深さも「よく歪むオーバードライブ」くらい。

そしてそのレンジ感も基本広いのですが、広すぎず、音量とGainを決めれば使いやすいサウンドが出るという「出過ぎ感」がないところも◎

TONEの効きも良くなっており、きちんと「ギターのハイ」の居場所をついてくれます。

ブースターとしての使い方

従来のSD-1は歪んだアンプや後段の歪みペダルをブーストする際、余計なローが削れるためミドルにフォーカスされてギターが必要な帯域が出てきやすいという目的で使用されることが多いと思います。

今回のCモードはローが削れる感じがないのですが、ブーストしてもじゃまになる感じがなく、ブースターとしても使える感じ。

Sモードは適度にミドルにフォーカスしてくれるので、従来のSD-1チックに使用できます。

反応はどちらのモードも良いので、ダウンチューニングしたギターでハイゲインアンプのトーン補正も含めたときを考えるとSモードでのブーストも良いかもしれません。

ぼくは基本的に今回手に入れたSD-1wではブースターとして使用するときもCモードを使っています。

最近結構色んなところで見るワイドレンジなTS系のブーストともちょっと違って、キラッとするようなところがない代わりに、ストレートにプッシュしてくれる感じが好印象です。

BOSS SD-1wレビュー まとめ

シンプルにかなり好印象なペダルでした。

Cモードの出来がやはりすごく仕上がってますね。

あと一歩ゲインが足りないときのブースターとしても、一歩足してくれるし、単体としても使いやすい!

ローゲインもいいですね!

ノーマルSD-1の記事もどうぞ!

【OD】BOSS SD-1 レビュー色褪せないブースター【オーバードライブ】

皆さんこんにちはmasa BLIK itoです。(@masabliks) 今回は今更ながらBOSS SD-1について見ていきたいと思います。 1981年発売以来、ずーーーーーっとオ ...

続きを見る

-effector, オーバードライブ・ディストーション
-