NAVIGATOR N-ST SGZ -EDEN-

NAVIGATOR N-ST SGZ -EDEN- ド派手なグラフィックの新SUGIZOモデル

皆さんこんにちはmasa BLIK ito(まさぶりっくいとう)です。(@masabliks

LUNA SEAのギタリストSUGIZOさんのシグネチャーにあたらしいモデルが加わっています。

しかもNAVIGATORからのN-STラインからのNAVIGATOR N-ST SGZ -EDEN-というモデルです。

ド派手なカラーともはや代名詞となっているP-90系ピックアップ3基というスペック。

スペックを掘り下げてみたいと思います。

NAVIGATOR N-ST SGZ -EDEN- スペックと詳細

マテリアル

  • ボディ:スワンプアッシュ
  • ネック:ハードメイプル
  • ローズウッド指板/22F 648mmスケール
  • GOTOH SDS510-05 H.A.P.Mペグ
  • GOTOH GE101TS ブリッジ
  • ボーンナット
  • Master Volume, Master Tone, Middle PU Switch, 3Way Lever PU Selector Switch
  • COLOR:EDEN Graphic

スギゾーモデルにしては珍しいスワンプアッシュボディ。

これはN-ST SGZ Custom  FZというモデルから引き継がれているものかなと思います。(こちらはメイプル指板)

ゴトー製のハードウェアもESPから引き継がれているSUGIZOモデル定番のもの。

H.A.P.Mペグはペグごとに高さを調整できるもので、ナットにかかるテンションをコントロール出来ます。

コントロール系はマスターボリューム、マスタートーンが基本。

ミドルピックアップスイッチOFF時は、通常のセレクターのセンター位置だとフロント+リア出力。

ミドルピックアップスイッチONにするとミドルPUのみ出力される仕様のようです。

こちらもSUGIZOモデルでは定番の仕様ですね。

最近のSUGIZOさんはミドルとリアの使用率が結構上がってるみたいですね。

近年ではアンプもEVHだったりして、リアのみやミドルPUなどで明瞭なディストーションサウンドを出すことも増えている印象。

シグネチャーサウンドでもあるフロントとリアのミックスと、ミドルPUのみのヌケの良さを瞬時に切り替えることができます。

ピックアップ配列

  • フロント:Seymour Duncan Custom Shop Staple Pickup Repro ALNICO V
  • ミドル:Seymour Duncan CustomShop SP90 TB Space
  • リア:Seymour Duncan CustomShop SP90 TB Space

リアとミドルはSeymour DuncanのSP90というP-90タイプのピックアップをストラト系の弦間ピッチにあわせて広げたTBバージョンのピックアップ。

Seymour Duncanカスタムショップ製のものです。

フロントも、もはやSUGIZOモデルでは定番のALNICO Vタイプのものです。

ちなみにSeymour Duncan Custom Shop Staple Pickup Repro ALNICO Vはピックアップだけで5万近くしたりします…

NAVIGATOR N-ST SGZ -EDEN- グラフィック

sugizo-eden2

SUGIZOさんがボランティアでサポートしている特定非営利活動法人「JIM-NET」。

その活動を広めるために行った2019年のライブの衣装のデザインを小児がんと戦うイラクの子どもたちが描き、それをアパレルブランド「tenbo」が衣装に落とし込んだものだったようです。

次に今度は、それをギターに落とし込んだものとなっています。

鮮やかなペイントをよく見ると丸くステッカーのようになっているものが幾重にも重なっているところから、たくさんの子供達が書いた一枚一枚の絵を重ねているようなペイントになっています。

NAVIGATOR N-ST SGZ -EDEN- まとめ

今回はLUNA SEA SUGIZOさん最新のモデルをまとめてみました。

ストラトレイアウトにP-90を載せたモデルが一つの特徴となっているSUGIZOモデルに鮮やかなペイントが目を惹くモデル。

ライブでモデルごとのサウンドの違いを聴き分けるまでは難しいかもですが、自分もスペックをまとめてみて気づくこともあるのでチャレンジしてみようかな…

-L, S, ギター本体, ミュージシャン
-

© 2021 masa BLIK ito.com