I ミュージシャン

インキュバス Morning View ギター機材徹底解説【活動再開Our Love】

03/09/2020

Incubus マイク

皆さんこんにちはmasa BLIK ito(まさぶりっくいとう)です。(@masabliks

前回バンドIncubusについて新音源Our LoveとMake Yourselfについて語ってきましたが、

今回はIncubus史上最もセールスを伸ばし、バンドの個性もはっきりと示したアルバム「Morning View」について掘り下げていきたいと思います。

新曲とMake Yourself20周年の記事はこちら!↓

Incubus
【Our Love】インキュバス 機材と新音源徹底解説

皆さんこんにちはmasa BLIK ito(まさぶりっくいとう)です。(@masabliks) 今回はヘヴィロック、ラウドロック、オルタナティブと90年代に隆盛を誇ったバンド、Incubus(インキュバス)について話していこうと思います。 ...

続きを見る

Incubusというバンドの強靭なグルーヴ、ブランドンの歌唱はもちろん、ソングライティングでも独特なオーガニック感を示したアルバムがこのMorning Viewです。

そんなこのIncubusのMorning View、見ていってみましょう!

バンドIncubusとは?

blank

IncubusのMorning Viewは

ボーカル ブランドン ボイド

ギター マイク アインジガー

ドラム ホゼ パシーヤス

ターンテーブル DJキルモア

ベース アレックス カツニッチ

の5人のメンバーで制作されました。

後にベースのアレックスが脱退してベン ケニーが加入します。

前の記事にも書きましたが、ボーカル、ブランドンの圧倒的歌唱力と、ギターマイクのエフェクティブなプレイや、ラウドながらもどこか耳馴染みの良いリフ、

リズム隊は強靭で、DJがいながらもオーガニックなサウンドは絶妙です。

Morning ViewをAmazon Unlimitedで無料で見てみる

Incubus最高のセールスを記録Morning View

Incubusが2001年に発表した、Morning Viewはセールス的にもIncubusの中で最も成功しており、全米で360万枚のセールスを記録しました。

同時に「ラウドなギターに跳ねるリズム」という当時流行りに流行った方法論の中でも唯一無二な存在感を示したアルバムでもあります。

このアルバムは本当に捨て曲無しで、

1、2のラウドな感じながらも耳に心地よい歪みのギター

8の引っ張りに引っ張ったカタルシスが素晴らしい曲

9、13の多国籍感など

Incubusのチャレンジがあちこちで見られるアルバムです。

2014年のライブですが、「Morning View」のアルバムを再現しているこのライブを聴くと分かるかなーと思います。

ギタリスト、マイクアインジガーの機材

IncubusのギタリストマイクアインジガーはPRSのギターとMESA BOOGIEのRectifierのアンプを軸としてサウンドメイキングをしています。

Mesa BoogieのアンプをAmazonですぐに見る

PRSも「Morning View」当時ではHollowbodyⅡ というセミアコースティックのホロウボディのものを当時は使っており、

Amazonで見てみる↓

blank

このあたりに高域が耳馴染みがよいラウドサウンドの秘密の一つがあるのかも知れません。

足元のエフェクターはこんなになっています。

blank

全部直列みたいです笑

マイクは意外とBOSSのエフェクターが好きなようでけっこうBOSSを多用していますね。

DODのエフェクターも見られます。

当時は私達の周りでもエフェクターボード2枚、3枚と使用したりと直列の猛者が増えましたね笑

BOSSのフェイザーは地味ながらもナチュラルなかかりから飛び道具で気にも使えて結構フィルターっぽくもありおすすめです。

Incubus Morning View まとめ

いかがでしたでしょうか。

実は私とIncubusの出会いはこのMorning Viewが初めてでした。

ここからさかのぼって「Make Yourself」や「S.C.I.E.N.C.E. 」にいきました。

そんなこんなで今聴いても全然古く聴こえないMorning Viewについて書いてきました。

ぜひ聴いてみてくださいね~

Morning ViewのCDをAmazonですぐに見る

よろしければシェアしていただけると大変嬉しいです
さらに面白い記事を書く原動力になります!

おすすめ記事

VOX VALVENERGY(バルブエナジー) 1

VALVENERGY(バルブエナジー)!
NUTUBE搭載のプリアンプにも使えるペダル タメシビキ!です
これは音色がわかりやすく気になる人には直撃じゃないでしょうか!

blank 2

LINE6 期待の新製品POD Goの詳細を徹底解剖していこうと思います!
機能やサウンドのデモを集め、どのようなシーンで使えるか掘り下げます。

blank 3

皆さんこんにちはmasa BLIK itoです。(@masabliks) 前回のSYNERGY Ampsに続いて今回も 確かな技術と、ギターイノベーション大学( @GIU_Salon)など先進的な活動で今多数のアーティストへのサポートのみな ...

blank 4

皆さんこんにちはmasa BLIK ito(まさぶりっくいとう)です。(@masabliks) 今回はめでたく復帰を発表し、復帰ライブを果たしたJohn Frusciante(ジョン・フルシアンテ)の凄さと、機材、アルバムごとのおすすめ曲な ...

-I, ミュージシャン
-, , ,

© 2020 masa BLIK ito.com