Mudvayne 2021年復活!

Mudvayneが活動再開とのことなのでギター機材とバンドを振り返ってみよう

皆さんこんにちはmasa BLIK ito(まさぶりっくいとう)です。(@masabliks

00年代ニューメタルやオルタナティヴメタルというムーブメントが隆盛していた頃、Slipknotのショーンプロデュースで2000年に 1stを発表したMudvayneは、その奇抜なメイクが逆にSlipknotoプロデュースとイメージがかぶってしまっていて、存在感が薄れてしまうという謎な事態を起こしていました。

ただMudvayneの音楽性はメタル一辺倒ではなくいろいろな要素を聴かせる、非常に力があるバンドだと思います。

Mudvayne メンバー

  • Greg Tribbett:ギター/バッキングボーカル
  • Matthew McDonough :ドラム/シンセサイザー
  • Chad Gray:ボーカル
  • Ryan Martinie :ベース

ボーカルのチャドとギターのグレッグは元パンテラ、ダメージプランのヴィニー・ポールが結成したHellyeahでもプレイしていました。

(グレッグは3rdアルバムまで)

複雑なグルーブが特徴的で、ボーカルはシンガロングもスクリームも高レベルでできるバンドです。

ベースプレイの巧みさも印象的で、ヘヴィリフの中でハイフレットのフレーズをはさんだりと巧者の下地を感じさせるプレイですね。

1996年結成、2000年に1st発表して2010年に活動休止を発表しています。

2021年に活動再開のアナウンスがされ、新作の発表が待たれます。

Mudvayne サウンド

2000年発表の1stを。

奇抜なメイクがSlipknotによって奇しくもちょっと二番煎じ感な印象で最初は受け止められていました。

しかし、サウンドはかなりちがって幅広く、グルーヴィな印象があります。

1曲目のDigは今も大切にプレイされている曲ですね。

コーラスがかかったベースのプルが印象的です。

4曲目、-1はちょっと違った趣でおすすめ。

Greg 機材とチューニング

チューニング

  • 1音下げドロップ(6弦からC,G,C,F,A,D)
  • 1音半下げドロップ(6弦からB,F#,B,E,G#,C#)

などをよく使用しているようです。

当時のニューメタルではかなり見かけたスタイル

Greg 使用ギター

lespaul-gothic
  • Gibson Les Paul Gothic
  • Ibanez Greg Tribbett Signature
  • Washburn Greg Tribbett Signature

等を使用

リアPUにEMG81を好んで載せています。

greg-signature

シグネチャーシリーズはリア一発のものですね。

初期はGibsonのLes Paul Gothicを使用しています。

マットなオールブラック塗装がバンドや曲のイメージと合ってます。

当時GothicシリーズはGibsonのなかでも比較的リーズナブルなシリーズとして発売されていました。

ルックス的にはかなり好きなギターです。

Greg 使用アンプ

  • VHT Pitbull Ultra Lead
  • Roland JC-120 Jazz Chorus
  • Mesa/Boogie Dual Rectifier 100-Watt Tube Head

アンプは初期はVHTを使用していました。

結構幅広いアンプで、当時のラウド系のバンドはよく使っていたと思っていたのですが、名前も変わってしまって(フライエット)ヘッドはあまり見なくなりましたね。

ちなみにSlipknotのミックも初期VHTを使っていました。

グレッグの足元はディレイやラインセレクターなど結構シンプルです。

Mudvayne バンドとギター機材まとめ

2021年新譜が待たれるMudvayne。

今回はバンドの紹介と機材をまとめてみました。

メロディアスな方面でも力があるのはわかるのですが、もっとプログレッシブでショッキングなサウンドを突き詰めていってほしい気持ちがこのバンドには強いですね。

esp-sh7

2021/9/9

ESP KORN Brian “Head” Welch モデル SH-7 EVERTUNE搭載で進化した7弦ギター

ESP KORN Brian “Head” Welch モデル SH-7
KORNのヘッドがIbanezからESPにうつって気になってたモデルを調べてみました
EVERTUNEやFishmanピックアップなど現代っぽくてルックスも◎

ReadMore

Jerry-Cantrell-winoLP

2021/9/7

Jerry Cantrell シグネチャー WINO Les Paul Custom 登場!

Jerry Cantrell シグネチャー WINO Les Paul Custom
特徴をまとめました
デモプレイが結構良くて、アリスインチェインズぽい粘りとWINOレスポールの抜けが気持ちよかったですね~!

ReadMore

Into It Over It 機材やチューニングを 見てみよう

2021/7/27

Into It Over It 機材やチューニングを見てみよう

エモリバイバル、限られたバンドしか聴いていなくて若干聴かずに遠ざかってたとこもあったので
ここらのリーダーとも言えるInto It Over Itの機材やチューニングについて書いてみました
マスロックっぽいか細さというより、パンクからの影響も感じられて潔い!

ReadMore

Mudvayne 2021年復活!

2021/7/8

Mudvayneが活動再開とのことなのでギター機材とバンドを振り返ってみよう

2000年代、独特な存在感がありながらちょっと不遇感もあった
Mudvayne。
2021年に復活がアナウンスされて新譜を待っているので、ギアやバンドをまとめました
はよー新曲!

ReadMore

Ibanez Ichika Nito モデル

2021/7/2

Ibanez Ichika Nito シグネチャーモデルがヘッドレスのQシリーズから発表!

IbanezからヘッドレスのQシリーズが発表されたと同時に、Ichikaさんモデルのリリースもアナウンスされました
ICHI10と名付けられたこのモデル
新しさとトラディショナルさが同居した興味深いモデルです

ReadMore

オンラインウェビナー DOJOヤブリに 実際に参加してきた!

2021/6/28

横関敦さん 小林信一さん オンラインウェビナー DOJOヤブリに参加してきました

ライブ潜入ブログ!
6/19に行われた小林信一さんが主催されている「DOJOヤブリ」に実際に参加してきました。
2人のピッキングのアタックをダイレクトに感じられたり、サウンドの秘密に触れたりかなり刺激的でした。

ReadMore

NAVIGATOR N-ST SGZ -EDEN-

2021/6/22

NAVIGATOR N-ST SGZ -EDEN- ド派手なグラフィックの新SUGIZOモデル

LUNA SEAのギタリストSUGIZOさんのシグネチャーにあたらしいモデルが加わっています。
ド派手なペイントの他にも新しいマテリアルへのチャレンジもあったりして面白いモデル!

ReadMore

Alice in Chains Jerry Cantrell ギター、機材

2021/9/7

Alice in Chains-Jerry Cantrellのギター、機材

Alice in ChainsのギタリストJerry Cantrellのギター、機材掘り下げブログ!
唯一無二なねばりのあるリフ、オルタナともメタルとも違った立ち位置から鳴らされるバンドの世界観
あの引きずるようなネバり、あんまり他にいないんだよなぁ…

ReadMore

TOOL ギタリスト ADAM JONES

2021/9/15

TOOL Adam Jones のギター、機材解説!

一度聴くと耳から離れない重さを持っているのに、奇数拍が多用される複雑な曲構成をもっている
TOOLのギタリストAdam Jonesの使用機材やギター解説!
シルバーバーストのレスポール・カスタムがかっこよすぎ

ReadMore

ce-1-crunch1

2021/4/13

Triungulo Lab CE-1 Ensemble Crunch ジョンフルシアンテの音色を作れるプリアンプ

ジョンフルシアンテのボードにずっと鎮座している
BOSS CE-1のプリアンプ部のみを取り出した
Triungulo Lab CE-1 Ensemble Crunch
について書いてみました

独特の中域に集まりながらも暑苦しくない感じ
ジョンサウンドで聴いたことある…!

ReadMore

ADR-Kevin-Skaff

2021/4/1

A Day To Remember ギタリストKevin Skaff の機材について!

A Day To Remember のギタリストの一人
Kevin Skaffの機材についてまとめました
前回のNeilとやっぱり違っているところがあって面白いですね

ReadMore

ADR-Neil2

2021/4/1

A Day To Remember ギタリストNEIL WESTFALL の機材!

今回はバンドA Day To Remember のギタリストの一人
Neil Westfall についてです
耳馴染みがよく突き抜けるようなハードコアという音楽性から一歩突き抜けた感のあるニューアルバムをリリースしてノッているバンドですね

ReadMore

PhilX-TOP

2021/3/30

Phil Xの機材 BON JOVIのメンバーでもあるハイテンションギタリスト

ハイテンションで見ているとギターを弾く楽しさが伝わってくるギタリスト、Phil X
あのゴキゲン感が伝わってくるので練習のモチベーションが上がらないときなんかに自分はよく見ています笑
そんなPhil Xの機材についてまとめてみました!

ReadMore

2.5 METALLIFIED

2021/3/31

2.5 METALLIFIED 小林信一×前田隆也のギターインストユニットがGIUから始動!

2.5 METALLIFIED小林信一×前田隆也
のギターインストユニットがGIUから発足しています!

ヘヴィでメロディアスなギターインストユニット!

ショップでは譜面も購入することができ
スキルアップも期待できます!

ReadMore

mikesmith1

2021/2/12

マイクスミス Limp Bizkitにいたギタリストはいまどこに??

2003年すこーしの間だけLimp Bizkitにいたギタリスト

マイクスミス

弾き方も音も実は結構好きでした

現在はどんな活動をしてるのかまとめてみました

ウェスとは別の意味で華があるギタリストなので音源聴きたい!

ReadMore

Tiny Moving Parts2

2021/2/12

Tiny Moving Parts 新たなエモの形 機材やチューニングも

新鋭のエモバンド
Tiny Moving Parts
機材やチューニング、楽曲も含めて記事にしてまとめました

タッピングや一聴すると複雑な曲構成っぽくみえるのですが
ポップに落とし込んでいる楽曲やMVのユニークさが本人たちも楽しんでいるエモさに見えて今後期待出来るバンド!

ReadMore

tomdelonge6

2021/3/30

トム・デロングという男について ギター、機材、活動について【blink182、Angel and Airwaves】

大好きなblink182の元ギタリスト

トム・デロング
どんな活動をしてきて、今どうなっているのか気になったのでまとめてみました

パンク然としたルックス、メロディーセンス、声

かなりツボですが、blink182脱退後なんだか迷走しているような…

ReadMore

ウェスボーランドwl

2021/5/14

ウェスボーランド ギター遍歴を追ってみよう【Limp Bizkit】

Limp Bizkitのギタリスト

ウェスボーランド

さまざまなギターを使ってきたギタリストでメイクやパフォーマンスに注目されていますが
結構使っているギターたちが興味深いのでまとめてみました

Yamahaのエンドースを一時期してたことってなかったことに…?

ReadMore

deftones_ohms56

2021/2/12

Deftones Ohms ステファン・カーペンターのヘヴィギターが復活!

Deftones Ohms発表とともにステファン・カーペンターの9弦ギター!
それに別プロジェクトSol Invicto
についてもまとめました

ステファンのゴリゴリギターが復活しつつも深化しており
これは結構すごいぞ…!

ReadMore

jf_maya4

2021/4/13

ジョンフルシアンテ Maya リリース決定!

ジョンフルシアンテの新譜Mayaが10/23にリリース!

先行として3曲と1曲のMVが確認できます!
ジョン名義の難解さが薄れ聴きやすくなっている印象ですね

サウンドもブラッシュアップされているよう

これは期待だ

ReadMore

DEFTONES OHMS

2021/2/10

Deftones 新アルバム Ohms発表!

Deftones 新作 Ohmsが発表されましたね

リードトラックが聴けます

単音ユニゾンリフと浮遊感がまさに ブシ です

ステファン・カーペンターは何弦使ってんだってくらいの9弦ギターのMVですね

プロデューサーも黄金期を支えたTerry Date!

ReadMore

OH WONDER

2021/3/29

Oh Wonder 癒やしの歌声と戦略 男女二人組みポップデュオ

男女二人組ユニットの
Oh Wonder
についてまとめました
音源がいいのはもちろん
その活動方法が現代のミュージシャンにはさんこう

ReadMore

2021/2/9

Sorority Noise エモリバイバル禍のストレートなバンド

エモリバイバル系バンドSorority Noiseの記事です
カタルシス系の曲も良いですが
アコースティックな曲もなかなかなバンドです

ReadMore

2021/2/9

The World Is a Beautiful Place & I Am No Longer Afraid to Dieというバンド

The World Is a Beautiful Place & I Am No Longer Afraid to Dieというバンドについてです
聴いて泣きましょう

ReadMore

2021/10/21

Creepy Nuts オンラインライブを見て【音楽ライブの未来】

Creepy Nutsのオンラインライブを見て
オンラインライブは従来のライブの代替になるのか
従来のライブはどんな立ち位置になるのか
考えさせられたので、それを現時点での自分の考えとしてまとめました
きっとオンラインライブならではのなにかってあるはず

ReadMore

2021/3/11

【レビュー】Asian Dub Foundation 最新作 Access Denied

エイジアン・ダブ・ファウンデーションの新譜Access Deniedをレビューします。
ギターが中心の音楽ではないですが、フレーズも音色もめっちゃかっこいい
これはよい!
音数が多いのにどの音も太い!

ReadMore

2021/3/29

Rage Against the Machine サウンド、機材【ライブ音源発表! 】

ツアーが発表されたレイジアゲインストザマシーンを今一度まとめました。
未だに聴くとタギるサウンドはやはりレイジ。
ライブ盤もリリース!

ReadMore

2021/3/15

VELTPUNCH(ベルトパンチ)なぜもっと売れないのか不思議なバンド

VELTPUNCHの記事を書きました。
なぜもっと売れないのか、このくらいの活動が丁度いいのかふしぎなバンドです。
3ヶ月連続リリースされるようでファンとしては嬉しいのです

ReadMore

hidewithsb

2021/3/29

hide Ja,Zooレビューと機材 Spread Beaverが紡いだアルバム

hideのJa,Zooについて書いてみました。
意外と機材にも謎があるのですが、まとめながら懐かしい気分になりました。
音は今聴いても抜群にかっこいいです。

ReadMore

2021/3/29

バンドマンが選ぶ癒やしのための音楽 エモで乗り切ろう

予想外なストレスが溜まる昨今、
自分が選ぶ癒やし楽曲を上げてみました。
少しでも音楽があなたに寄り添ってくれますように。

ReadMore

masa BLIK itoの音源をチェック!

masablikito-ongen3

-G, M, ミュージシャン
-,