mxr-superbadassvariacfuzz-a

MXR M236 Super Badass Variac Fuzz レビュージョンフルシアンテのペダルボードで話題のファズ!

皆さんこんにちはmasa BLIK ito(まさぶりっくいとう)です。(@masabliks

2022年最新のジョンフルシアンテのペダルボードに入っていて話題となっているMXRのSuper Badass Variac Fuzzをレビューします。

内部の駆動電圧を変化させることでビンテージ系からモダンなFuzzまでカバーするFuzzですが、アンプやボード内の位置に柔軟に対応できるタイプのFuzzで使いやすく、思ったようにコントロールしやすいためFuzzビギナーにもおすすめなペダルです。

MXR M236 Super Badass Variac Fuzz スペックと詳細

  • OUTPUT、GAIN、TONE、VARIACの4ノブコントロール
  • シリコンダイオードFUZZ
  • 電池駆動可能

というシンプルな特徴。

VARIACつまみも難しくなく、好みの位置が見つけやすい◎

オープンすると整然とした中身。

mxr-superbadassvariacfuzz-b

電池のスナップはビニールカバーがされていて、使用しないときに絶縁状態になっています。

VARIACコントロールの詳細

MXR M236 Super Badass Variac Fuzz のVARIACつまみは内部駆動電圧を5V~15Vでコントロールでき、低くすればブチブチ感とピッキングした際に一瞬音が引っ込むような感じが強調されます。

このつまみでビンテージ感を出しつつ抜けも維持できるのでなかなか考えられてますね。

MXR M236 Super Badass Variac Fuzz 特徴

前述したようにMXR M236 Super Badass Variac Fuzz はVARIACを低めにすればブチブチした感じになります。

5V(最小)だと結構ビンテージ感がただよい、ピッキングの際に音が一瞬引っ込む感じが強いですが、ギターのボリュームを調整するといい感じに。

15V付近だとディストーションぽい風味が足されていき、扱いやすいファズに。

アンプをクランチくらいに設定すると、1時~2時くらいが自分的にはスイートスポット。

ちょっとディストーションぽくなっていくと抜け感が足されていき、扱いやすくなります。

ソロも弾きやすくなり◎

OUTPUTの大きさ

MXR M236 Super Badass Variac Fuzz は基本的なアウトプットレベルが大きめなので、FuzzFaceのようにMAXあたりまで上げなければ良い音がしないということはないですね。

しかし一般的なFuzzと同じようにどクリーンのアンプではポテンシャルを発揮しきれない感があります。

このFuzzに限ったことではないのですがクランチくらいのアンプにOUTPUTを上げめで突っ込むとうまく倍音感が噛み合って出てきます。

GAINの調整幅

MXR M236 Super Badass Variac Fuzz のGAINは高すぎず、低すぎず、ビンテージFuzzからみると余裕があるゲイン幅。

さらにFuzzFaceの鈴鳴りとはいきませんが、ギターのボリュームに対する歪みの追従性も結構悪くないです。

エフェクターの接続順

MXR M236 Super Badass Variac Fuzz はギターの直後でも、バッファが入ったあとでもさほど挙動に変化がないため、ボードに組み込みやすいFuzzです。

VARIACを上げていくとディストーションぽくなっていく点とボードの接続順にそこまで左右されない点を考えると使い所としてはBigMuff的にも考えられます。

BigMuffほどローが暴れたりクリーミーな感じではないのですが、あくまでボード内のFuzzペダルとしての立ち位置として考えるとと言った感じです。

音色の特徴

ちょっと参考になるか難しいですが、Twitterにあげたほんとにラフなデモプレイを。

VARIACつまみでFuzzっぽい潰れた感じを演出しやすいのと、抜けにくいときをコントロールしやすいので、オケによっての微調整が容易です。

これはVARIACを低めにしてFuzz感を強めにして弾いています。

ジョンフルシアンテのようにリード時に踏むだけでいなたい音色でソロが弾けるし、程よいコンプレッション感でプレイがしやすいですね。

MXR M236 Super Badass Variac Fuzz レビュー まとめ

ジョンフルシアンテ使用で話題となっており、現在日本の市場では手に入りにくい状態となっていますが、この先もジョンのボードに入り続けるか、気まぐれでちがうFuzzになるかは不透明…

なため、難しいところですが、ジョンフリークでなくても使いやすいFuzzなためおすすめですね!

一時期より相場が落ち着いている今が狙い目かも。

mxr-superbadassvariacfuzz-a
MXR M236 Super Badass Variac Fuzz レビュージョンフルシアンテのペダルボードで話題のファズ!

2022/5/13

MXR M236 Super Badass Variac Fuzz レビュー!
ジョンフルシアンテ使用で話題となっているFuzzですが
電圧コントロールでモダンからビンテージ感までシームレスに移行できて使いやすい!
バッファ後でもボリュームへの反応も◎
これは結構いいかも!

2022jf
2022年ジョンフルシアンテ 最新使用機材をチェックしよう!

2022/5/25

2022年ジョンフルシアンテ 最新使用機材が海外のフリークらが解析してくれています
非常に興味深いのでそちらをまとめてみました
アンプやエフェクターに変化が見られています

bs-johnfrusciante
Red Hot Chili Peppers 新曲発表!ジョンフルシアンテの使用ギターは??【Black Summer】

2022/4/5

Red Hot Chili Peppers 新曲「Black Summer」発表!
ついにレッチリの新譜が!
ソロのときのジョンはYAMAHA SGに基軸を移したとコメントが有りましたが
またストラトを弾くジョンが!

ce-1-crunch1
Triungulo Lab CE-1 Ensemble Crunch ジョンフルシアンテの音色を作れるプリアンプ

2022/4/5

ジョンフルシアンテのボードにずっと鎮座している
BOSS CE-1のプリアンプ部のみを取り出した
Triungulo Lab CE-1 Ensemble Crunch
について書いてみました

独特の中域に集まりながらも暑苦しくない感じ
ジョンサウンドで聴いたことある…!

jf_maya4
ジョンフルシアンテ Maya リリース決定!

2022/4/5

ジョンフルシアンテの新譜Mayaが10/23にリリース!

先行として3曲と1曲のMVが確認できます!
ジョン名義の難解さが薄れ聴きやすくなっている印象ですね

サウンドもブラッシュアップされているよう

これは期待だ

ジョンフルシアンテ エンピリアン
ジョンフルシアンテ The Empyrean 機材と音源について 【レビュー】

2022/4/5

ジョン2009年に発表された音源「The Empyrean」とその 製作時のジョンフルシアンテの機材について今回は語っていきたいと思います。ジョンの素晴らしい歌声と、実験的アプローチとポップセンスが融合された素晴らしい作品です。

ジョンフルシアンテ
ジョンフルシアンテの機材と音楽 Stadium Arcadium編【ギタリスト】

2022/4/5

レッドホットチリペッパーズ ジョンフルシアンテの記事です
ステイディアム・アーケイディアムというジョンフルシアンテ第二期の集大成
その機材やサウンド、音源についても解説!

ジョンフルシアンテの機材と音楽 解説 Californication期【ギタリスト】

2022/4/5

レッドホットチリペッパーズのジョンフルシアンテの記事です
カリフォルニケイション時代の機材やサウンドについてまとめています
音源も!

2014JohnFrusciante_Getty121052840010414-720x480
ジョンフルシアンテの機材とサウンド解剖

2022/5/24

レッドホットチリペッパーズに復帰したジョンフルシアンテ!
包括的にまとめています!
初期のジョンの使用機材やサウンドも!

【ワウ】Ibanez WH10 V2 とV3祝ジョンフルシアンテ復活!

2022/4/5

Ibanez WH10 ワウの記事です
ジョンフルシアンテの仕様でも知られているこのワウ
現在はV3が発売されています
独特の音色に省スペースでおすすめのワウです

-effector, Fuzz, John Frusciante, ミュージシャン, 使用機材
-,