PODgo-wireless

POD Go Wireless 登場!ワイヤレスレシーバーが内蔵された新機種!

皆さんこんにちはmasa BLIK ito(まさぶりっくいとう)です。(@masabliks

軽量でペダル付き、フラッグシップのHelixと同じエンジンということで話題をかっさらった

POD Goですが早くもアップデートバージョンの

POD Go Wirelessが発表されました。

POD Goを振り返るとともにWirelessについて掘り下げてみましょう!

→ついにタメシビキでも紹介されていたので下に記事を載せておきます!

POD Goのスペック

podgo-difference

POD Goについては下に詳しくまとめた記事をのせておきます!

  • 基本的なモデリングはHelixのもの
  • ペダル付きで2.5kgと軽量
  • エフェクトループつき
  • 合計8個のフットスイッチ

簡単に上のような特徴があります。

PODシリーズの復活ということでかなりの注目を集めて

現在も機材の簡略化をはかりたいプレイヤーに人気の機種です。

POD Go Wirelessと他のモデルの比較

POD Go/WirelessHX STOMP XLHX STOMPHelix Floor
アンプ/エフェクトモデル83/20986/22686/22686/226
同時使用ブロック最大10(一部固定)最大8最大8最大32
フットスイッチ88タッチセンシティブ8タッチセンシティブ12タッチセンシティブ
スナップショット4438
エフェクトループ1×センド、1×リターン2×センド、2×リターン2×センド、2×リターン4×センド、4×リターン
フットペダル
サイズ(cm)230×359×88316×120×68178×126×66560×301×92
重量(kg)2.5/2.351.50.796.6

POD Go Wirelessと無印では基本的な機能は一緒です。

Helixファミリーと比較して使用可能アンプとエフェクトが微妙に削除されています。

なぜかWirelessになって150gほど軽くなっている笑

Wireless機能

podgo-wireless-2

写真のように本体に収納できるトランスミッター

Relay G10TⅡ

が付属しています。

POD Go Wireless本体のレシーバーは右上の位置に確認できます。

  • 瞬時に最適なシグナルを自動的に検出
  • 高品質24bitサウンド
  • 最大見通し約40mの伝達範囲
  • 最長7時間駆動

というライブハウスなどで使うには十分なスペック!

本体に収納できてしまうのもなにげに高ポイント!

POD Go Wireless 発売日/価格

なんと今月末!

3/28発売予定です!

価格は77000円ほど!

無印より13000円ほど足すとワイヤレスも同時に手に入るワケです。

POD Go Wireless 登場!まとめ

まだまだ記憶に新しい無印から間髪入れずにPOD Go Wirelessが発表されましたね

Hx Stomp XLも発売されることから、ユーザーの細かいニーズに答えるようなラインナップになってきましたね。

ギターとこれさえあれば完結できるアイテムとしてはこれも注目度高め!

podgo-wireless-a
POD Go Wireless タメシビキ ケーブルよりワイヤレスのほうが音が良かった…!

ワイヤレス内蔵のPODが出て話題をかっさらった記憶が新しいですが
今回はそのPOD Go Wireless #タメシビキ ブログです!
ワイヤレスが内蔵してるだけで随分セッティングが楽になるんだなぁ

続きを見る

LINE6 POD Goのサウンドと特徴を徹底解剖

LINE6 期待の新製品POD Goの詳細を徹底解剖していこうと思います!
機能やサウンドのデモを集め、どのようなシーンで使えるか掘り下げます。

続きを見る

hxstomp-xl1
HX STOMP XL登場! 他のLine6ラインナップと比較してみよう!

HX STOMP XLがLine6から新たに発表されました!
横長だけどボード内で中核をなす機器としては
なかなか使い勝手が良さそうです!

その他Helixファミリーとの比較もまとめました

続きを見る

masa BLIK itoの音源をチェック!

masablikito-ongen3

-effector, マルチエフェクター
-