sh-1n

Seymour Duncan SH-1n / 59モデル今度はフロントをレビュー!

皆さんこんにちはmasa BLIK ito(まさぶりっくいとう)です。(@masabliks

以前Seymour Duncan SH-1のブリッジのレビューをしました。

今回はSH-1n、フロント用のレビューです。

こちらもやはり優等生でSeymour Duncanで選ぶならフロントをJAZZか59にするのが結構スタンダードだと思います。

  • フロントでもダマになりにくい
  • 出すぎず、でしゃばりすぎない適度な出力

という使いやすいPUです。

Seymour Duncan SH-1n 詳細

59トーンチャート
  • 直流抵抗値:7.43kΩ
  • 単芯

ブリッジとフロントで公式のトーンチャートが一緒です。

  • BASS:6
  • MIDDLE:3
  • TREBLE:8

とブリッジバージョンもそうですが、そこまでドンシャリではなく適度にハイミッドが出ている印象です。

Seymour Duncan SH-1n / 59モデル サウンド

ESPのVPマホボディ、メイプルネックに載せていたときのインプレです。

ボディ自体が鳴りにくいギターでも美味しいミドルがふかされている印象なので、しっかりヌケてくれる印象です。

この味付けが濃すぎず仕事をしてくれるので「鳴る」ギターに載せてもそこまで邪魔にはならない印象です。

クリーンも味があって◎

トーンチャートのような冷たい印象ではなくきちんとピッキングのアタックも表現してくれます。

Seymour DuncanのフロントPUとしては最も使われているスタンダードなPUとしてかなりいろんな働きをしてくれます。

公式ではオリジナルのPAFよりハイエンドが僅かにブーストされて現代的にリファインされているとのこと。

ミドル以外は結構その印象です。

Seymour Duncan SH-1n / 59モデル まとめ

ブリッジ用に続いてネックポジションの59もレビューしました。

使いでの良さはさすがと言えると思います。

あまりにもスタンダードすぎて、昨今のブティック系のPUに隠れがちですが全く劣らないPUだと思います。

意外とブティック系のPUも本国の価格を見るとSeymour Duncanと価格差がなかったりするので「高級」というバイアスがかかっていることも多かったりするので、見直してみるといいかもですねー!

ブリッジ編はこちら!↓

Seymour Duncan SH-1
Seymour Duncan SH-1b / 59モデル レビュー! 低出力PUで迷ったらこれで解決できるPU

Seymour Duncan SH-1 / 59モデル レビュー!
ダンカン低出力ハムのど真ん中SH-1

・適度な中域がヌケやすい
・ボリュームに敏感に反応する
・心地よいバイト感

一見地味ですが、きっちり仕事をしてくれる良いPUです

続きを見る

masa BLIK itoの音源をチェック!

masablikito-ongen3

-ハムバッカー, ピックアップ
-