DEFTONES OHMS

Deftones 新アルバム Ohms発表!

皆さんこんにちはmasa BLIK ito(まさぶりっくいとう)です。(@masabliks

Deftonesが約4年ぶりのアルバムを出しますよー!

現在アップルミュージックやYouTubeでリードトラックの「Ohms」を聴くことができます。

Deftones Ohms

単音のリフから始まり、結構オールドスクールと言うか不思議な感じですね。

ギターの歪みもファズ成分があってちょっとストーナー的な雰囲気もあります。

今回のステファン・カーペンターは9弦ギターですね…!

なんか弦の多さで目がチカチカする…

今はまだアルバムの中の最後の一曲しか聴けないようになっていますね。

そんなに重低音のリフでもないですが単音ユニゾンリフが気持ち良い曲です。

Deftonesのシングル曲とかアルバムのリードトラックって意外と彼らの中でもわかりやすい部分を切り取ったりしていて

今回の曲もリフ+独特の浮遊感+暗すぎないトラック

というDeftonesのエッセンスをきちんと表しながら、わかりやすさも捨てていなく◯

Deftones Ohms プロデューサー

なんと

1st「Adrenaline」2nd「Around The Fur」、3rd「White Pony」、4th「Deftones」

でプロデューサーを努めたTerry Dateが今作で再度プロデュースを努めたとのことです。

Slayer、Pantera、Slipknot、Soulfly、Limp Bizkit、Incuus、Helmet

などヘヴィ、ラウド系に精通している人なので

ヘヴィなDeftonesのトラックもまた楽しみです。

Deftones 新アルバム Ohms発表!まとめ

アートワークもいつも独特でわくわくさせてくれるDeftonesの新アルバムOhms期待ですね~

今の所近日リリースということなのでおとなしく待ちたいところです

masa
うずうず

Deftones Ohmsのもっと詳しい記事はこちら!

deftones_ohms56
Deftones Ohms ステファン・カーペンターのヘヴィギターが復活!

Deftones Ohms発表とともにステファン・カーペンターの9弦ギター!
それに別プロジェクトSol Invicto
についてもまとめました

ステファンのゴリゴリギターが復活しつつも深化しており
これは結構すごいぞ…!

続きを見る

他のDeftones記事も是非!

デフトーンズ Around the Fur ステファン・カーペンターの機材徹底解説

皆さんこんにちはmasa BLIK ito(まさぶりっくいとう)です。(@masabliks) Deftonesの記事を最近まとめております。 激しくも深い世界観に根強いファンがい ...

続きを見る

デフトーンズ White Ponyとギター機材徹底解説

発売から20周年!のDeftones White Ponyの記事こちらはなぜかピンタレストで人気です

高校生の時初めて出会って衝撃を受けたこのアルバム
ヘヴィで深いDeftonesの世界観と意外な聴きやすさが同居している不思議な名盤です

続きを見る

デフトーンズ セルフタイトル アルバムステファン・カーペンターの機材徹底解説【Minerva】

セルフタイトルアルバム「Deftones」について掘り下げていきたいと思います。
このアルバムはWhite Ponyで見せたDeftonesの
荘厳さや深遠さ
7弦以上のギターを使うことでのヘヴィさ
バンドサウンド以外の打ち込みやウワモノの活躍
といった要素を更に突き詰めた作品となっています。

続きを見る

-D, ミュージシャン
-

© 2020 masa BLIK ito.com