Alice in Chains Jerry Cantrell ギター、機材

Alice in Chains-Jerry Cantrellのギター、機材

皆さんこんにちはmasa BLIK ito(まさぶりっくいとう)です。(@masabliks

唯一無二なねばりのあるリフ、オルタナともメタルとも違った立ち位置から鳴らされるバンドの世界観。

Alice in ChainsのギタリストJerry Cantrellのギター、機材を見ていこうと思います。

あの引きずるようなネバり、あんまり他にいないんだよなぁ…

Alice in Chains

メンバーは

  • Jerry Cantrell:ギター/ボーカル
  • Mike Inez:ベース
  • Sean Kinney:ドラム
  • William DuVall:ボーカル

という形です。

過去のメンバーは

Layne Stayley:ボーカル(1987-2002)

Mike Starr:ベース(1987-1993)

ふたりとも薬物関係で亡くなってしまっています…

とくにLayneの存在感はものすごく、バンドサウンドを牽引するとともに後のTaprootのステファン・カーペンターやStaindのアーロンといったボーカリストにも大きな影響を与えています。

うまいだけじゃなくて声がいいんですよね。

後任のWilliamもLayneの独特の声色に寄せつつ自分の味も出している稀有なボーカリストだと言えると思います。

個人的にはLayneのインパクトにあと一歩何かがほしいとも…

Jerry Cantrell 機材

ギター

  • G&L Rampage 1984 Blue Dress
  • G&L Rampage 1984 No War
  • Partcaster/Boogie body
  • Musicman EVH
  • Gibson Les Paul Custom D-Trip
  • Gibson Les Paul Custom Red
  • Gibson Les Paul Custom Black
  • Gibson Les Paul Custom Blue
  • G&L ASAT Deluxe
  • G&L ASAT Classic

G&L Rampageがトレードマークとも言えるギターです。

長年の使用でペイントがかなり剥がれていることが見て取れます。

亀裂が発生してしまったことで現在は引退状態なようです。

そのため現在はシグネチャーモデルをライブでは使用している姿をよく見ます。

  • メイプルネック、エボニー指板、ソフトメイプルボディ
  • ケーラートレモロ
  • ワンハムバッカー

という特徴的な仕様です。

ピックアップは初期はSeymour Duncan SH-4 JBが載っており、最近はシグネチャーピックアップを載せているようです。

Les Paul Customも好んで使用しておりライブでもよく登場しています。

しかしどのギター使ってもシグネチャーサウンドの粘りがあるJerry。

Amp

  • Marshall JCM800 Bogner MOD
  • MESA BOOGIE Dual Rectifier REV C proto
  • Friedman Marsha ‘Mad’、’Pissed’
  • Peavy 5150
  • Friedman BE100
  • Friedman Jerry Cantrell Signature JJ-100
  • Bogner Ubershall
  • Bogner Alchemist
  • Fender Twin Reverb

初期はボグナーMODのJCM800を使用しており、その後もBognerは好んで使用しているようです。

Dual Rectifierはプロトタイプのものを使用したようですね。

Friedman Jerry Cantrell Signature アンプ

Friedmanの初期のモデルからBE-100を経て現在は自身のシグネチャーアンプが出ています。

  • 100W
  • 2チャンネル
  • EL34パワー管使用

という基本的な感じはMarshallからBE-100の流れにあるようなブリティッシュ系のアンプであることがわかります。

分厚い低音弦のみのリフというより1~2弦も効果的に織り交ぜたリフを作るJerry CantrellとしてはMarshall系のアンプのセレクトも納得できます。

エフェクター

  • Dunlop GCB-95 Wah
  • Dunlop JH-1 Wah
  • Dunlop DB-01 Wah
  • Dunlop JC-95 シグネチャーWah
  • Dunlop Rotovibe
  • Digitech Whammy Pedal
  • Dunlop Heil Talkbox
  • Digital Music Corp Ground Control Pro
  • Electro Harmonix Big Muff Pi
  • Ibanez TS808HW Tube Screamer
  • ISP Decimator
  • MXR EVH Flanger
  • MXR Bass Octave Plus
  • MXR Smart Gate
  • BOSS CH-1 Super Chorus
  • BOSS CE-5 Chorus Ensemble
  • BOSS TR-2 Tremolo
  • BOSS TU-2 Chromatic Tuner
  • Eventide TimeFactor
  • Xotic AC plus

ワウこだわりで色々使い分けているようですが、シグネチャーモデルが発売されています。

  • Dean Makley
  • Dunlop

ゲージは主に.010-.046を主に使用しているようで

チューニングは半音下げ、半音下げドロップ(6弦がC#)、全音下げドロップ(6弦がC)

といったチューニングが使われています。

ピックはDunlopのトーテックス1.14mm。

Alice in Chains-Jerry Cantrellのギター、機材 まとめ

METALLICAも当時気になってローディーにチェックさせに行ったという噂もある(笑)Alice in Chains-Jerry Cantrellのギター、機材 まとめでした。

こう見ると気に入って肌にあったものを長く使い続けるタイプであることがわかります。

シグネチャーモデル系統も意外と最近作られたものが多く、機材へのこだわりというよりプレイによってサウンドを彩るタイプのようですね。

機材を見てても狙いが明確でわかりやすい!

NAVIGATOR N-ST SGZ -EDEN-

2021/6/22

NAVIGATOR N-ST SGZ -EDEN- ド派手なグラフィックの新SUGIZOモデル

LUNA SEAのギタリストSUGIZOさんのシグネチャーにあたらしいモデルが加わっています。
ド派手なペイントの他にも新しいマテリアルへのチャレンジもあったりして面白いモデル!

ReadMore

Alice in Chains Jerry Cantrell ギター、機材

2021/6/10

Alice in Chains-Jerry Cantrellのギター、機材

Alice in ChainsのギタリストJerry Cantrellのギター、機材掘り下げブログ!
唯一無二なねばりのあるリフ、オルタナともメタルとも違った立ち位置から鳴らされるバンドの世界観
あの引きずるようなネバり、あんまり他にいないんだよなぁ…

ReadMore

TOOL ギタリスト ADAM JONES

2021/6/10

TOOL Adam Jones のギター、機材解説!

一度聴くと耳から離れない重さを持っているのに、奇数拍が多用される複雑な曲構成をもっている
TOOLのギタリストAdam Jonesの使用機材やギター解説!
シルバーバーストのレスポール・カスタムがかっこよすぎ

ReadMore

ce-1-crunch1

2021/4/13

Triungulo Lab CE-1 Ensemble Crunch ジョンフルシアンテの音色を作れるプリアンプ

ジョンフルシアンテのボードにずっと鎮座している
BOSS CE-1のプリアンプ部のみを取り出した
Triungulo Lab CE-1 Ensemble Crunch
について書いてみました

独特の中域に集まりながらも暑苦しくない感じ
ジョンサウンドで聴いたことある…!

ReadMore

ADR-Kevin-Skaff

2021/4/1

A Day To Remember ギタリストKevin Skaff の機材について!

A Day To Remember のギタリストの一人
Kevin Skaffの機材についてまとめました
前回のNeilとやっぱり違っているところがあって面白いですね

ReadMore

ADR-Neil2

2021/4/1

A Day To Remember ギタリストNEIL WESTFALL の機材!

今回はバンドA Day To Remember のギタリストの一人
Neil Westfall についてです
耳馴染みがよく突き抜けるようなハードコアという音楽性から一歩突き抜けた感のあるニューアルバムをリリースしてノッているバンドですね

ReadMore

PhilX-TOP

2021/3/30

Phil Xの機材 BON JOVIのメンバーでもあるハイテンションギタリスト

ハイテンションで見ているとギターを弾く楽しさが伝わってくるギタリスト、Phil X
あのゴキゲン感が伝わってくるので練習のモチベーションが上がらないときなんかに自分はよく見ています笑
そんなPhil Xの機材についてまとめてみました!

ReadMore

2.5 METALLIFIED

2021/3/31

2.5 METALLIFIED 小林信一×前田隆也のギターインストユニットがGIUから始動!

2.5 METALLIFIED小林信一×前田隆也
のギターインストユニットがGIUから発足しています!

ヘヴィでメロディアスなギターインストユニット!

ショップでは譜面も購入することができ
スキルアップも期待できます!

ReadMore

mikesmith1

2021/2/12

マイクスミス Limp Bizkitにいたギタリストはいまどこに??

2003年すこーしの間だけLimp Bizkitにいたギタリスト

マイクスミス

弾き方も音も実は結構好きでした

現在はどんな活動をしてるのかまとめてみました

ウェスとは別の意味で華があるギタリストなので音源聴きたい!

ReadMore

Tiny Moving Parts2

2021/2/12

Tiny Moving Parts 新たなエモの形 機材やチューニングも

新鋭のエモバンド
Tiny Moving Parts
機材やチューニング、楽曲も含めて記事にしてまとめました

タッピングや一聴すると複雑な曲構成っぽくみえるのですが
ポップに落とし込んでいる楽曲やMVのユニークさが本人たちも楽しんでいるエモさに見えて今後期待出来るバンド!

ReadMore

tomdelonge6

2021/3/30

トム・デロングという男について ギター、機材、活動について【blink182、Angel and Airwaves】

大好きなblink182の元ギタリスト

トム・デロング
どんな活動をしてきて、今どうなっているのか気になったのでまとめてみました

パンク然としたルックス、メロディーセンス、声

かなりツボですが、blink182脱退後なんだか迷走しているような…

ReadMore

ウェスボーランドwl

2021/5/14

ウェスボーランド ギター遍歴を追ってみよう【Limp Bizkit】

Limp Bizkitのギタリスト

ウェスボーランド

さまざまなギターを使ってきたギタリストでメイクやパフォーマンスに注目されていますが
結構使っているギターたちが興味深いのでまとめてみました

Yamahaのエンドースを一時期してたことってなかったことに…?

ReadMore

deftones_ohms56

2021/2/12

Deftones Ohms ステファン・カーペンターのヘヴィギターが復活!

Deftones Ohms発表とともにステファン・カーペンターの9弦ギター!
それに別プロジェクトSol Invicto
についてもまとめました

ステファンのゴリゴリギターが復活しつつも深化しており
これは結構すごいぞ…!

ReadMore

jf_maya4

2021/4/13

ジョンフルシアンテ Maya リリース決定!

ジョンフルシアンテの新譜Mayaが10/23にリリース!

先行として3曲と1曲のMVが確認できます!
ジョン名義の難解さが薄れ聴きやすくなっている印象ですね

サウンドもブラッシュアップされているよう

これは期待だ

ReadMore

DEFTONES OHMS

2021/2/10

Deftones 新アルバム Ohms発表!

Deftones 新作 Ohmsが発表されましたね

リードトラックが聴けます

単音ユニゾンリフと浮遊感がまさに ブシ です

ステファン・カーペンターは何弦使ってんだってくらいの9弦ギターのMVですね

プロデューサーも黄金期を支えたTerry Date!

ReadMore

OH WONDER

2021/3/29

Oh Wonder 癒やしの歌声と戦略 男女二人組みポップデュオ

男女二人組ユニットの
Oh Wonder
についてまとめました
音源がいいのはもちろん
その活動方法が現代のミュージシャンにはさんこう

ReadMore

2021/2/9

Sorority Noise エモリバイバル禍のストレートなバンド

エモリバイバル系バンドSorority Noiseの記事です
カタルシス系の曲も良いですが
アコースティックな曲もなかなかなバンドです

ReadMore

2021/2/9

The World Is a Beautiful Place & I Am No Longer Afraid to Dieというバンド

The World Is a Beautiful Place & I Am No Longer Afraid to Dieというバンドについてです
聴いて泣きましょう

ReadMore

2021/3/29

Creepy Nuts オンラインライブを見て【音楽ライブの未来】

Creepy Nutsのオンラインライブを見て
オンラインライブは従来のライブの代替になるのか
従来のライブはどんな立ち位置になるのか
考えさせられたので、それを現時点での自分の考えとしてまとめました
きっとオンラインライブならではのなにかってあるはず

ReadMore

2021/3/11

【レビュー】Asian Dub Foundation 最新作 Access Denied

エイジアン・ダブ・ファウンデーションの新譜Access Deniedをレビューします。
ギターが中心の音楽ではないですが、フレーズも音色もめっちゃかっこいい
これはよい!
音数が多いのにどの音も太い!

ReadMore

-A, J, ミュージシャン
-

© 2021 masa BLIK ito.com